FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  プロダクションに流れてくる仕事量が減っている

プロダクションに流れてくる仕事量が減っている

最近、番組の制作を局および局の関連会社でまかなおうとの動きが常態化しつつある。

グループ内でお金を回していくという仕組みである。

その分、町場のプロダクションに流れてくる仕事量が減っている。

特に制作の全面委託の仕事が少なくなっている。

その分、人材派遣の要求が増えている。

この形は局のかなり強い戦略と意志のもとに行われているので、町場のプロダクションはますます疲弊していくことになる。

グループ内で処理できない案件のものが、町場に下りてくるのだが、その場合でも、局から直接ではなく、関連会社を通してくるので、ボクたちは孫請けになる。

大金を払っているスポンサーにしてみれば、局および関連会社で、何十パーセントかを中抜きされるので、番組制作に実際に使われる制作費は大幅に減額されていることにもなる。

根本は局の経営難にあることは明らかで、この構造はいかんともし難いものがある。


    「困難を たゆまぬ企画で 打ち破り」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR