FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ボクたちの仕事は手仕事だから、人手の省力化は難しい

ボクたちの仕事は手仕事だから、人手の省力化は難しい

受注する制作費の面で考えると、仮に番組1本の制作費がそれまでの半分にカットされると、プロダクションは同じ売上高を確保するためには、2本の番組を制作しなければならない勘定になる。

企画数も倍だけ必要になるし、当然、制作本数を増やさなければならなくなる。

その結果、テレビ局の限られた放送枠を確保するために、プロダクション間での過当競争が生じ、生き残りのための闘いが激しくなる。

しかも、ボクたちの仕事は手仕事だから、機械化はできないし、人手の省力化は大変難しい。仕事が増える分、どうしてもそれまで以上のスタッフ数を求めることになる訳だ。

仕事量が増え、一見、活気があるようにみえるが、その実、売上高は上がらず、経営は益々苦しくなるという悲しい現実がここにある。

  「手配師の ごとく巧みに プロデューサー」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR