FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  2020年はどんな年になるのだろう?

2020年はどんな年になるのだろう?

つい先日、何気なくテレビを見ていたら、大手150社88万人の暮れの平均ボーナスが95万円でこれまでの最高額だった、とのニュースが流れていた。
ボクにはそのニュースを報道している側の意図が何処にあるのかがまったく分からなかった。

景気が良いとのアピールなのか、それとも大企業の礼賛なのか。
しかし、実態を見れば、現在の日本の就労者人口は約6800万人、ニュースで取り上げられている恵まれた88万人は全体の就労者の0.013%弱のごく僅かな人びとでしかない。
圧倒的多数の人たちは、そんな恩恵に浴していないのである。

政府から与えられたネタを、その意味を考えることもなく、ただ垂れ流しているだけの報道の在り方に、あーあ、またやっているな、とも思う。
苦労している国民は利口だから、そんなことは見破っているに違いなく、だからテレビは駄目だと言われてしまう。

と、まあそんなことが続く世の中だが、いよいよ今年も暮れる。
今年一年、ボクたちの会社を見れば、良いことも思わぬ出来事もあったが、結果的には発展的要素の方が勝っていた一年間であったと思っている。

決算の方も、僅かであるが増収増益で税金を納めることが出来たし、世代交代を踏まえて組織の若返りの歩を進め、社内の雰囲気も活性化したと思っている。
恒例の忘年会も盛会のうちに終えた。
おかげ様で大きなつまづきも無く、まずまずの年だったと感謝している。

暮れに、知り合いの方からNHKホールでのN響コンサートのチケットを頂き、初めて第九を聞くこともできた。
もともとボクは天邪鬼なのか、一糸乱れぬとか、号令一下の集団行動とかが性に合わないので、合唱団に興味が無かったのだが、すべての演奏が終わった時に感動に包まれていつまでも拍手し続けていた。
あれほど長く拍手したのも生まれて初めてのことである。
意外な自分に気づいて我ながら驚いた。

さて、来年は9月初旬まではオリンピック一色の年となる。
何事も無く静かにお祭りが終わってくれることを願っている。

問題は、祭りの後である。
ほとんどの制作会社は、来年の10月以降をどのように生き抜くかに焦点を当ててその準備に取り掛かっていることだろうと思う。

しかし今日からは、すべてを忘れて、正月を楽しむことにしよう。
何事もそれからだ。
みなさまも良いお年をお迎え下さいますように。
年明けにまたお目に掛かれることを願っています。

    「初夢に 一年の計 寝正月」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
テレビっ子
現役時代、定期購入していた新聞の「家計費」の欄が嫌になり、新聞をとるのを止めて以来、40数年になります。
その新聞が紹介するAさん、Bさん、Cさんいずれの生活費も我が家の5〜6割り増し。
貯蓄額に至っては比べる術もなし。

テレビの「ニュース」も絶対にみません。
不安感と焦燥感を煽るものばかりだからです。
生活に支障が出たことなど一度もありません。

それでも日々の日課は、観たい番組の録画です。
「小さな旅」「新日本風土記」などなど、毎日山ほど録画しています。

テレビは実にありがたい科学技術の恩恵です。
咳一つできないNHKホールでの生演奏ではなく、ベットに横になってベートーヴェンの第九が聞けるのですから、ありがたいことです。
ちなみにその放送は、12/31日、Eテレで午後8:00〜9:20です。




Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR