FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  あるヘッドハンティング会社からの電話

あるヘッドハンティング会社からの電話

ひと昔前のテレビ時代劇で「必殺シリーズ」が流行ったことがあった。
恨みを晴らしたい、殺したいと願う依頼人からお金を受け取り、殺人を代行する請負人たちのドラマである。
いわば殺人代行屋のお話である。

考えてみれば、殺人などの物騒なことはやらないが、現実の今の世にも、色んな案件を本人に代わって代行する職業は多い。
司法書士や弁護士、会計士や税理士、旅行代理店や広告代理店などの代理店業務も代行の仕事である。
また、引っ越し業者とか運送業、便利屋、家政婦なども代行屋さんである。

近頃、話題になった新しい代行屋は、独り暮らしで孤独に耐えられなくなった人のために、疑似家族をセッティングするとか、好きな人がいるが自分では告白できない人に代わって告白を代行するとか、バーチャルな世界を演出したり、本来ならば当事者が自分で行わなくては意味の無いようなことも業者が請け負うケースも増えているようだ。

そんな代行屋を取材したというフリーのディレクターと直接話したことがあるが、片思いの告白を依頼した件は成就したのか?と聞くと、ダメだった、ということで、そりゃあ、そうだよね、と納得した。

ボクたちと同業の知り合いの場合は、入社して間もない新入社員が、作業を放り出して突然姿を消し、スタッフたちが捜していたら、代行屋から電話があり、本人が辞めたいと言っているので、今後は退社の手続きはその代行屋がやるということになったそうだ。
「昨今の状況が状況だけに、新入社員には特に気を配っていたのに、辞める理由がまるで分からない。ましてや代行屋に頼むなんてねぇ……」と知人は首をひねっていた。

これらの話を見聞きしていると、どうやら現在は直接のコミュニケーションを苦手とする人たちが増えているようにも思える。
それ位の始末は自分で付けろよな、と思うし、そんなことを他人にお金を払って済ませてしまうとの考えは少しばかり歪んで見える。
そして、そういう稼業が成り立っていること自体が、恐らく碌な世ではないことを物語っているのだろう。

つい先日、一本の電話を受けた。
スタッフが「おそらく営業の電話だと思うのですが、余りにも具体的なので………」と遠慮がちにボクに取り次いだ。
ボクたちの仕事には全く関係の無い営業の電話も多く、スタッフも心得ていて、普段はボクに取り次がれることはほとんどない。

「R社というスカウト会社の○○ですが……」と受話器から元気の良い女性の声が飛び込んできた。
そして、ボクなども良く知っている二社の制作会社の社名を挙げ、そこの企画制作担当者たちを紹介したいと言う。
「その人たちは転職を希望しているのか」を質すと「いや、そういうことではなくて、もし御社が希望されるならばお役に立ちたい」と答えた。

「そういう話には興味はありませんので」とボクは即座に応えると「何もご心配に及ぶことはありません。トラブルになることなどありませんし、人材確保のために……」と押してくる。
「申し訳ありませんが、他人様の会社の人材を引き抜く気は全くありません。それ位の矜持は持ち合わせておりますので」とさらに応えるとその女性営業担当者は「はあ……?」と訳が分からないという声を出した。

仲間内でもある同業者の人材に手を付けるなど泥棒と同じだ。
いくら競争社会であっても守るべき最低の仁義はあるだろう。
転職が当たり前となった今、そんな考えは時代遅れなのだろうか。

そう云えば、転職を斡旋してそれを商売にしている会社も確かに多い。
わが社でも看護師たちの労働現場を取材したことがあるが、転職斡旋業者の悪徳とも思える世界が存在していることも知った。
ヘッドハンティング会社が悪いという訳では無いし、今さらの新しい商売でもないが、ボクの性には合わない。

ここ10数年で日本の労働文化が大きく変わった。
それと共に働く形も変化している。
経営者も働く側も共に双方の考え方に変化が起きている。

今年の5月には、経団連会長や経済同友会代表幹事、それにトヨタ自動車社長らが口をそろえて次々と終身雇用制の放棄宣言をした。
すでに年功序列型の賃金体系が崩れ始め、それと補完関係にある終身雇用も若い労働者を中心に転職する者が多くなり、少しづつ変容してきているようだ。

経済成長が見込めない現状では、各企業は生産性の低い労働者を切り捨てるためにも、終身雇用制が邪魔になるし、新卒の一括採用から能力重視の通年採用への流れも同様で、役に立つ人材確保のための動きにも拍車がかかる。
生産性向上が最重要の下では有能で役に立つ人材の青田買いが認められ、大学生の就職活動の形も変化する。

経団連は採用や教育の在り方を大学と定期的に話し合う産学協議会を設置した。
大学が産業界の要請を受けて学生に教育していく体制も整いつつあるようだ。
大企業の要請に応じた人材を提供できる優秀な大学とそうでない大学との格差がますます広がり、統廃合の果てに優勝劣敗の図が展開されることになるのだろう。
資本主義社会の宿命とは云え、弱肉強食の過当な競争社会の行き着く先は、誰もが想像できる不安図だ。

古い話で恐縮だが、今を去る事56~7年前、ボクたちが大学生で、早稲田闘争の頃のスローガンに、アメリカ帝国主義反対と並んで産学協同反対が叫ばれた時代もあった。
ボクなどは正直言って、当時それが何を意味するものかはよく理解していなかったが、今ではそんな動きに疑問を呈する雰囲気はない。

ボクも産学協同のすべてに反対するつもりは無いが、ただ大学が大企業の生産性を高めるために必要な社員の養成機関になり、学問の府としての役割を見失っていくのではないかとの懸念を持つ。

今に始まったことでもないが、経済優先の、お金に一番の価値を求める社会ならではの商法や犯罪が横行している。
勝手に売り買いしてはならぬ個人情報を平気で売買したり、さまざまな手口を駆使しての詐欺は勿論のこと、詐欺まがいの商売も増え、先ほどのスカウト会社じゃないが、転職を促してお金にしたりと、倫理や道徳はおろか、義理も仁義をも欠いた行為が大手を振って世を席巻する様は見るに堪えない。
人や組織や、もっと大きくは国を含めて社会の信頼関係の崩壊を招くことになるのではないかと恐れる。

トランプ大統領は世界の経済に手を突っ込み、かき乱している。
政治を商売の道具としている。
平和よりも混乱の世を生み出し、それを商売に繋げ利益を得ようとしているかに見える。

そんな世界情勢の中で、日本がどのような道筋で生き続けて行くかは確かに難しい。
経済で遅れを取ることは避けなければならないのは理解できるが、そのことによって失われるモノの大きいことを忘れてはならないと思っている。
新たな価値観の発見が求められている。

      「金儲け 踊らにゃ損そん 泡踊り」




にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR