FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  平穏な時代に生きるボクたちの役割

平穏な時代に生きるボクたちの役割

相も変らぬ与太話で。

ボクの知る限り今の若い人たちは、政治の話をしない。
いつの頃からかは分からないが、若者たちの間では政治に関する話題がタブーになっていることだけは間違いのないことである。
その理由を聞くと、余計な議論を避けるため、との答えが圧倒的である。

政治が人びとの関心から遠いということは、世の中が平和で平穏である、ということのひとつの証でもある。
しかし、政治への無関心は政権与党のみならず野党も含めて政治家の質の劣化を許し、政権の怠慢と傲慢と独善を招くことになる。

衆院選の投票率を見ても、前回、前々回は戦後最低だし、特に20歳代の投票率が30%台と他の世代に比べて最も低い。
当然、これからの日本がどこに向かって舵を切っているのかにも関心は薄い。
それでもボクたちは平和ボケの真っただ中にいるので、平和ボケの意味すら分からないでいる。

かつて日本はアメリカに無謀な戦争を仕掛けた。
そして屈辱的な敗戦から今日に至るまでの70数余年、幾多の困難を乗り越えて日本人は経済的繁栄を体験した。
その意味では、戦後日本に生きるボクたちは、とても平和な時代を生きることが出来た稀有な国民である。

こんなにも長期間に渡って戦争を避けて来られたことは奇跡に近い有難いことである。
そして、平和であることが当然の事で、この状況がずっと続いていくのだとの錯覚の中で現在を生きている。

それもその筈で、敗戦から74年を経た今では、悲惨な戦争を体験した者はごくわずかとなり、ほとんどの日本人は言葉としての戦争しか知らない。
戦争で体験した苦しみや悲しみは、とても残念なことに、次の世代に伝承することが絶対にできないことをボクたちは歴史から学んで知っている。

日本維新の会の35歳の議員の北方領土を巡る戦争肯定発言なども平気で飛び出す時代になった。
武力を行使して相手から勝ち取るというのはいかにも単純で分かり易い論理である。
一部の好戦的な勢力にとっては、いかにも潔く、闘争本能を刺激されることだろうし、恐らく、この戦争肯定論発言は氷山の一角だろう。
そして、敢えて言えば、これまで戦争がその役割を果たして来たことは歴史上の事実である。

繁栄は衰退の始まりであり、平和は戦争への入り口であることもまた歴史の真実だ。
必ず、その時々に応じて都合の良い「正義」が唱えられ、その正義の下で「聖戦」が意図的に画策され実行される。
そんな歴史の流れの中に現在と近未来の日本の姿が幻影のように、見える。

遠く翻って見れば、暗黒時代の代名詞ともなった中世のヨーロッパではキリスト教が支配し、ローマ法王のお墨付き一枚あれば、異教徒を殺害し、その財産を略奪することが正義とされた。
どれほど多くの血が流され、人びとが苦しんだことだろう。
イスラム圏に攻め入った十字軍の遠征はその極め付けで、キリスト教とイスラム教との戦いは姿を変えて現在もまだ続いている。

やがて、侵略や略奪の大義名分はキリスト教による「異教徒征伐」から国家間の「野蛮征伐」に変わる。
相手に対し野蛮だとの言いがかりをつけることが出来れば、殺戮は勿論、領土や金品の略奪の名分となった。
スペインがインカ帝国を滅ぼしたのも、アメリカ大陸で他国からの移住民である白人が原住民であるインディアンを殺してその土地を奪うのも、大義名分は相手の野蛮性である。
そして、それらの残虐的な行為のすべてが正義による行為と国際的に正当化されて、現在の栄える国々が存在している。

開国後の明治維新政府が最も恐れたのもそれで、文明開化を急いだ。
慌てて士族への帯刀禁止令を出したのも、「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」と流行り歌でも詠われたチョンマゲ禁止令も、西洋建築物を建て、和服から洋装に変えたのも、西欧列強に野蛮との大義名分を与えて侵略されないようにするためであった。

中世キリスト教世界の異教徒への残虐行為も、野蛮な存在だから滅ぼすことは正義だ、などが大義名分として認められること自体が呆れるばかりで、どう考えてもバカバカしいとしか思えないのだが、それが人間の現実の世である。
同じことは、歴史には数え切れないほど存在しているし、現在でも飽きることなく同じことが繰り返されている。

近くでは、穢れた血を持つユダヤ人の抹殺を大義としたナチスドイツの大量虐殺も、西欧列強からのアジア支配解放を大義としたわれら日本の朝鮮半島から中国、アジアへの侵略戦争も、自由主義社会を守るとの名分でアメリカが仕掛けたベトナム戦争も、ありもしない大量破壊兵器を理由にアメリカ主導で国連軍を編成しイラクに攻め入ったのも、理屈にならない大義名分を無理やり作り上げて正当化した業である。

それらのすべてに共通するのは正義の戦争である。
かくして、人間の歴史は戦争の歴史であったと言っても過言ではない。
そして、その度に、多くの命が失われるばかりではなく、国の政治経済体制を初めとして人びとの暮らしも文化、価値観や常識が根底から覆ることになる。

知る限りでは、有史以来、地球上で戦争状態でない一瞬すら無かったのではないかと思えるのだが、そうだとすれば、戦争反対などの願いなど、ほとんど絶望的に虚しいことかもしれないとも思う。
普段の生活で普通に善良に生きている人たちが、一旦兵隊として駆りだされるや敵を殺すことが使命となる。
そんなことは嫌だと考えている人たちが圧倒的に多い筈なのに、戦争が無くなることは無い。

あらゆる生物間での生存競争の中で、人類をここまで生き延びさせたのが闘争本能であり、それが戦争を起こさせるのだろうか。
そして改めてボク自身を見つめ直したとき、自分の中に善良さと邪悪さのあることに気付く。
この善良さが邪悪な欲望に負けた時に戦争が起きるのだろうか。

少なくとも、綺麗ごとや理想論では解決できそうもない問題であることは間違いない。
それでも、戦争を単なる言葉の概念ではなく、戦争がもたらして来た悲惨さや苦悩や悲しみの実態から眼を反らさずに歴史を見つめ学び、戦争とはどういうものかを知り、実感することで、戦争を否定する信念を培う努力は必要だと考える。

そんなことをしても、戦争は人間の宿命だから無駄なことだとの意見もあるだろう。
しかしである。
人の命には限りがあり、永遠の命の無いことを誰もが知っている。
これは宿命であり、別の言い方をすれば永遠の命の絶望である。

誰もが死に向かって生きている。
そして、どうせ死ぬのになぜ人は生きるのか、との問いが常に存在する。
だからこそ、命の時間を少しでも先に延ばす努力をして、その限りある命の時間をどのように、生きるのかが大切なのだ。

それと同様に、戦争が仮に人間の宿命だとしても、出来る限り戦争を起こさないように願い、平和な時代を一瞬でも永く続けようとの努力こそが求められてしかるべきである。
その意味では、死と戦争は同義語である。

いま日本の目前に戦争の危機が迫っていると思っている訳では無い。
しかし、軍事同盟の下で日本が他国との戦争に加担しているのも現実の姿である。
国家がその生存のために戦争も已む無しの空気が当たり前になって行く道筋を日本が辿っていることも事実である。
かつての敗戦によって得た不戦の決意の揺らぎが広く蔓延していくことを懸念している。
現在の日本をリードしている為政者の目指す国の形に対して大きな不安を感じるからである。

ボクたちはどう生きたいのか、どのような国や社会で生きたいのかを改めて考えて、自由に議論する必要があるのではないか。
議論を闘わせることを避けて、政治をタブー化する若者たちを創り出したのはボクたち世代の責任ではないのか。

情報の溢れる中で、何か大切な言論の封殺が行われているのではないか、などとあらぬ疑いまで持つのはボクだけだろうか。
 
  「人よりも 一箸遅れ 飯を食い」

にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
各人が「所を得る」
「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。」(マタイによる福音書 5:9)
なのですが、世の中、平和は欲しいが、そのための「絶対条件」は、これを拒否するというのが、赤裸々な人間の姿です。

能力の不平等な人間社会での平和共存は、能力の不平等な人間が、一人の犠牲もなしにそれぞれが「所を得る」ことです。

そのためには、「能力のより多い者が、より少ない者のために自己を与える。」以外に道がありません。
より強い者が、より弱い者の弱さを「負い」、より賢い者が、より愚かな者の愚かさを「負う」ということが要請されます。

しかし、人間の衷なるエゴイズムがこれに抵抗します。
ある学者はこれを「全に対する個の背反」として指摘しています。

各種のデータをみれば一目瞭然ですが、今の世界は、「弱肉強食」「優勝劣敗」「自然淘汰」がものすごい勢いで加速しています。
第一次世界大戦、第二次世界大戦前夜の要素が、すべて揃っているのです。

「人知」は、これをどう避け得るか?
大きな課題ですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR