FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  叱られなくなったら人間おしまい

叱られなくなったら人間おしまい

先日、同期の桜だか、枯れ木だか分からないが、大学時代の同級の仲間7人が集まり、新年会を行った。
全員が後期高齢者で、宴会も昼間の12時から始まり、3時頃には解散となる。

ボクは昔から、すでに終わった関係には興味がなくて同窓会と称するものなど見向きもしなかったのだが、2年ほど前に親友で恩人のOから誘われてこの集まりに参加するようになった。
懐かしさなどとは無縁だが、たまにOと会う口実のようなものでもあり、それに便乗するというのは、あるいは歳を取った所為かもしれない。

しかし、この年齢で大学時代の気の合う仲間が年に何度か集まって食事したり飲んだりすることは案外珍しいことのようである。
ボクは徹夜麻雀明けで、一睡もせずに参加したので終始朦朧としていた。

世評の通りに、ご多聞に漏れず初めは病気の話から始まる。
特に今回は、常連メンバーのひとりが心臓の大動脈瘤の手術の直後で、参加することが出来なかったため、その話から始まるのは必然だった。

それぞれが大病を患ったり、薬の厄介になったりしている中で、ひとりだけ病気知らずがいた。
彼は読売新聞の記者生活を終えて、現在は趣味のクラリネットの演奏にハマっているという。
年末にはかの有名な年末恒例の、第九を一万人で合唱するメンバーの一人として参加している。
ベッドで楽譜を読んで楽しんでから眠るらしい。
新聞社を退職してから始めた音楽だというから、なかなかの努力家だ。
いかにも健康的な匂いがする。
ボクの自堕落ぶりとは、かけ離れた生活をしている。

その他のメンバーは毎日新聞の記者、NHKの報道記者、建設会社の営業マン、銀行マン、営団地下鉄の鉄道マンなどと、それぞれの道を歩んで来た連中だ。
それぞれが真剣にがんばり、それなりの経験と実績を積み、歳を重ねて来た人たちである。
人生の楽しさも苦しみも悲しみも十二分に知っている。

大学時代に同じ釜の飯を食い、同時代の空気を吸い、気心が知れているからと言って、同じ考えを持っているとは限らない。
永年、異なった環境で生き、価値観も異なれば人生観もそれぞれ違う。
それだから話していても面白い。

しかし、ひとつ共通していることがある。
それは、自分を叱ってくれる存在がすでに無い、ということだ。
口うるさい嫁さんはいるかもしれないし、尻の下に敷かれたフリをしているかもしれないが、すでに本気で叱ってくれる者はいない。

今を含めてこれからの人生をどう生きるかは自分の責任で決めるしかない。
余生を趣味に生きようと、またボランティアで生きようと、死ぬまで働き続けようと、それぞれの生き方は自分が切り拓くしかない。

「叱られなくなったら人間おしまい」とはしばしば耳にする言葉だが、実は、叱られなくなってからが、その人間の生き方や真価が問われるのではないかと実感する。
老齢とは新たなチャレンジを必要とする年齢だと改めて認識している。

先日、久しぶりに作家の西村眞さんにご馳走になった。
これまで何度かこのブログにも書いたが、この世でボクにご馳走してくれる唯一の人である。

原宿駅前にある日本料理の「重よし」に招待された。
ミシェラン2つ星に認定されている隠れた有名店である。
2つ星というのは「極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理」という意味のようで、分かったようで分からない認定ではある。
遠回りってどれ位の遠回りなの?

2年ほど前にも、一度西村さんと訪れたお店だが、その時はまだ星の認定は受けていなかった。
星を受けても受けなくても、味は変わることなく、唸るほどに旨いことは確かだ。

それはともかく、西村さんは現在、2つの月刊誌の連載と全国地方新聞紙に掲載されるエッセイを月25本抱えていて、しばらく余裕が無かった、とおっしゃる。

西村さんは80歳になられるが、次第に筆が遅くなってきた、と言う。
「あと5年くらいしか書けないんじゃないかな、と不安ですよ」
ボクなど今日のことで精一杯で、明日がどうなるのか考えられないのに、80歳になってもまだ書き続ける、その気力に驚く。

「実は、僕には91歳になる師匠がいましてね。つい最近、その師匠にこっぴどく叱られましてね」
さしさわりがあるといけないので、仮にその師匠をAさんとしておこう。
Aさんは91歳の現在も月刊誌に3本の連載を持つ著名な文芸評論家である。
「どういうことで叱られたのですか」とボクは興味津々で尋ねた。

右翼的雑誌だが、月刊Hanadaという、それなりに面白さのある月刊誌があり、西村さんは、そこに「日本人、最期のことば」を連載している。
江戸から幕末、明治にかけて活躍した有名人の死に際しての言葉を紹介し、その言葉の意味をその人物の人生と照らし合わせ解き明かす読み物だ。

これまで20数名が登場しているが、石川啄木を取り上げた際に師匠のお叱りを受けたのだという。
ご存じの通り、石川啄木は日本を代表する詩人・歌人で、貧しい暮らしの中で歌や詩を創り続けた作家で
「はたらけど はたらけど、なおわがくらし楽にならざり ぢっと手を見る」とか
「たはむれに母を背負ひて そのあまり軽きに泣きて 三歩あゆまず」などは誰もが知る歌である。

しかし、その石川啄木はローマ字で日記をつけていて、それによると、しばしば売春宿に出かけては女遊びをしていた。
そしてその生々しい様子をローマ字で綴っていた。

当時はローマ字は一般的ではなく、啄木にとっては家人には秘密にできる暗号と考えたのだろうか。
西村さんはそのローマ字日記のことを書いたところ、師匠のAさんが怒り、きつく叱られたというのである。

「人間らしくて良いじゃあないですか。拝読して啄木が好きになりましたよ、ボクは」
「いや、僕たちはそう思うんだけどね。日本の古来から続く文学史上から見れば、それは石川啄木を汚すことになることで、絶対に駄目だとお叱りを受けたんですよ」
清廉で極貧の中で過ごした石川啄木のイメージを壊すということのようである。

ボクはそんな啄木を人間らしくて、とても身近に感じることが出来て、それを紹介した西村さんにも共感を持つのだが、ハテどちらの考えが正しいのか、間違っているのかは分からない。
立場の違いでしかないのに違いない。

「でも、80歳になっても叱ってくれる師匠をお持ちとは、西村さんは幸せですね」とボクは言った。
西村さんは否定も肯定もせず、ただニヤッと笑ってボクの眼を覗いた。

   「嫁さんに 叱られる度 はいゴメン」

にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR