FC2ブログ
ホーム   »  オルタスジャパン  »  会社設立当時は就職という感覚はおそらくなかった

会社設立当時は就職という感覚はおそらくなかった

今の若い人たちは、机も揃わず、ゴザで企画会議をするような、そんな会社をどのように感じるだろうか。

就職の面接をゴザに座ってやったとしたら、入社を希望する者が果たしているだろうか。

設立当初は正式な入社試験などというものはやらなかった。

というより、とてもそんな甲斐性のあるはずもなかった。

知り合いの紹介とか縁故とかでスタッフが集まった。

だから参集してくる人たちにも、当時は就職という感覚はおそらく無かったのだと思う。


  「ゴザ会議 いつの間にやら 宴会に」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR