FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  暴走族の孫からの便り

暴走族の孫からの便り

会社のinfoメールに一通の問い合わせがあった。
その内容は
「こちらの記事のリーダーKは自分のおじいちゃんにあたります。
過去の話など聞いておらず写真なども残っておりません。
過去の写真や記事など残っていませんか?
返信よろしくお願いします」
というものだった。

ずいぶん唐突な問い合わせだったが、ボクにはすぐにそれが何の話かを理解することができた。

実はずいぶん前になるが、このブログで「忘れられない風景」というテーマでいくつかの話を書いたことがある。
その中に、今から40年以上も昔、ボクがまだ30歳少しの頃に取材して放送した暴走族の話を取り上げ8回に渡って書いた。
ご興味のある方は「忘れられない風景・暴走族」で検索していただけば、すぐに出てくるが、この暴走族は当時、東北連合と称し、福島県郡山市を根城にしており、東北地方で一番の勢力を誇っていた。

1970年代は暴走族の季節で、各新聞紙上は連日暴走族の記事で溢れ、社会問題として日本中を騒がせていた。
ボクは暴走族とはどんな組織で、その実態はどんなものかを知りたいと思い、取材することにしたのだった。

そして、まず暴走族東北連合リーダーのKさんを郡山に訪ねた。
Kさんは25歳で、すでに結婚して4~5歳の可愛い坊やがいた。
きれいな奥さんとスナックを経営していた。

25歳にもなってどうして暴走族などやっているのか、聞くと、そろそろ引退したいのだが若い連中を放っておくのが心配で辞める訳にはいかないのだ、と笑いながら答えた。

すらっとした優男だったが、親分肌でボクらはすぐに意気投合した。
冒頭で紹介した問い合わせの便りは、その時のリーダーKさんの孫であるに違いなかった。
とすれば、便りの主は、当時スナックで会ったことのある4~5歳の坊やの息子なのだろうか。
そうだとすれば便りの主は20歳くらいだろうか。

そして、その便りから察すると、Kさんはすでに亡くなられたのではないか、との不安が頭をかすめた。
いやいや、まだ60歳代の若さの筈だ、とも思ったりした。

ボクは返信の中で、Kさんはまだご健在なのか、あの時の坊やの息子なのかを尋ねた。
そして、随分昔のことなので残っているかどうか分からないが、写真や資料があるかどうかを確かめて連絡することを約束した。

何しろその当時はまだビデオというものが無く、番組はフィルムで撮影していた時代のことである。
それと、ボクは自分が作った番組等々に関しては、特別に記録として残しておく趣味が無かったので、これまで100余本のドキュメンタリーを作って来たが、手元には何も残っていない。
でも何かの痕跡が残っているかもしれない。

すぐに便りの主であるKさんの孫から返信があった。
不安通り、Kさんはすでに亡くなっていた。
生前Kさんはかつて自分が暴走族東北連合のリーダーであったこと話すことは無かったようで、孫はKさんが亡くなってから、その事実を知ったようである。

お孫さんからの便りで、40数余年の年月が一挙に縮まった。
薄れた記憶の中で過去の出来事が去来する。

テレビ局が暴走族を走らせたということで新聞を初めとしてマスコミでずいぶん叩かれたものだ。
そう云えば、ボクの親父からも心配して電話があったな、親不孝をしたな。

暴走族は実は警察では無くて、地元のヤクザに管理されていたな。
つまり、警察はヤクザを使って暴走族をコントロールしていた。
それを証明するヤクザ組事務所での生々しい現場のことも思い出した。

それにしても、Kさんはその後、どのような人生を歩んだのだろうか。
あれ以来、Kさんと特別に親しくしていた訳でもなかったのに、急にそのことが気がかりになり始めた。

何とか、お孫さんの願いに応えてから、Kさんのその後の人生を聞きたいものだと思っている。

   「秋深し 蒼き雲間に 星キラリ」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR