FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  紅葉の季節に思うこと

紅葉の季節に思うこと

「秋の日はつるべ落とし」とは言い得て妙である。

つい昨日までは、夏とは明らかに異なる緩やかな陽射しを浴びて、秋風を快く楽しみながら、ベランダでタバコをくゆらせて、普段は考えることもない人生などについて思いに耽ったりしていたのだったが、今ではもう、そろそろ夕方かなと思った一瞬、陽がかげり暗転、夜になってしまう。

空気が冷たく感じられるようにもなった。
異常気象とは云いながらも、季節の変化は正確で、10月の終わりとなれば、いよいよ秋も深まり例年通りの季節の巡りを感じる。

通勤の途中で目にする街路樹も心なしか色づき始めた。
もうしばらくすれば、神宮外苑のいちょう並木の黄金色を楽しめる。
いよいよ、本格的な紅葉の季節が到来する。
四季に恵まれた日本では、この季節は紅葉が観光の目玉となり、多くの人たちを感動させ楽しませる。

日本の多くの樹木は春になれば新芽を出し、初夏にかけては花をつけ、みずみずしい新緑が目にまぶしい。
夏には今を盛りと葉が生い茂り、初秋に実が熟し、そして晩秋には鮮やかな紅葉の果てに散っていく。
一度散り去った葉が元の枝に戻り復活することは無いが、翌春にはまた新しい生命が誕生する。

樹木の幹や枝を人類という種に例えれば、葉は個々の人間だ。
春から晩秋までの樹木の葉の有りようは人間の一生にも見えてくる。

人間も樹木も本を正せば4つの塩基からなる同じ遺伝子を持つ生命体の仲間だから、形態が異なっていてもその一生が似ていることは当然と云えば当然であるのかもしれない。

そして、少しばかり天邪鬼な目で紅葉を見れば、この紅葉の美しさも異なった形で見えてくる。
ひとつの樹木の紅葉の期間は一週間から、せいぜい10日間とその時間は短い。
そして虚しく散って行く。
つまり紅葉とは葉が滅びゆく直前の凄絶な美とも言える。
そして、人はそれを美しいと感じて愛でる。

しかし、もし樹木の葉に感情や意志があるとすれば、その美しさは死を迎えることへの苦悶の色なのか、それとも、一生の最期の一瞬に見せる艶やかな自己表現なのだろうか。

その実際がどうあれ、木々の葉が、その最期を迎える瞬間の艶姿で、人間という別の生き物を感嘆させたり、感動させたりすることは凄いし、また人びとに惜しまれて生命を終えることができることは幸せだと思う。

これほどの輝きを放って一生を閉じることが出来る人間はどれほどいるのだろうか。

  「正座して 紅葉楽しむ テレビかな」




にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR