FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  樹木希林さんの死と最期の言葉

樹木希林さんの死と最期の言葉

女優の樹木希林さんの告別式の模様がテレビで流されていた。
希林さんとは特別に親しいという間柄ではなかったが、これまで何度か番組でお世話になったことがあり、会えば挨拶を交わす仲だった。

最初にお会いしたのは、もう20数年前で、テレビ朝日の「紅花紀行」という2時間の特別番組で紅花のルーツを探る旅人として出演いただいた時である。
どのような経緯で口紅や頬紅の原材料である紅花が日本の山形県まで伝わったのかをアフリカを初め世界各地にまで足を延ばして追い求める、という当時としてはスケールのある番組だった。

ボクが会社を立ち上げてからまだ間もない頃の、バブルの余韻が色濃く残っていた時代で、この2時間番組の制作費にテレビ局は1億円出してくれた。
今から思うと夢のまた夢のような、今は昔のお話である。

その頃は希林さんと何かと会う機会が多く、ある日、麻雀をやるの?と聞かれて、大好きですよ、と答えると、私も好きだから、すぐやりましょう!ということになり、出先から希林さんの車で雀荘に直行したことがある。

雀荘へ向かう車中で「みんなわたしのことをブスだと言うけれど、わたしだってそんなに不細工じゃあないでしょう?」とつぶやく様に言う。
「希林さんはとても魅力的な女性ですよ」と答えると「そうでしょう?」と希林さんは、少しはにかみながらも嬉しげだった。
ボクは希林さんも女なのだなあと、妙に生々しく感じたことを覚えている。

その時に麻雀を一緒に打ったメンバーは、ジャーナリストのばばこういちさんとわが社の設立メンバーのひとりだったが、今ではその全員が故人となってしまったことになる。
その後、何度かスタジオ番組のゲストで出演願った際にもお会いしていたが、麻雀はその一回だけだった。

最後に希林さんと話したのは2年ほど前で、NHKの「ファミリーヒストリー」という番組に出演依頼した時だった。
その時はガンもいよいよ全身に回って苦労されている最中だったが、気持ちよく引き受けて頂けた。

希林さんは人間として信じられる印象深い人だった。
ボクと同じ歳の75歳だったが、その死生観には常々共通するものを感じていた。

希林さんの最期の言葉はどういうものだったのだろうか。
希林さんが死と向き合っていた晩年の「死ぬときくらい 好きにさせてよ」という言葉が良く知られているとのことだが、希林さんらしいと思う。

ところで、つい最近、「日本人、最期のことば」という本を読んだ。
著者の西村眞さんはボクにご馳走して下さる、この世でたったひとりの方である。
会う度に西村さんが厳選した一流のお店の美味しい料理を堪能させて頂いている。

これまでこのブログでも2度ほど西村さんのことを書いたが、1939年生まれでそろそろ80歳になられるが、かつては数誌の有名雑誌の名編集長として一世を風靡した方で、本業の傍ら歴史の古書、稀書の収集研究家でもある。
また国内外の偉人たちの足跡と生涯についても詳しい。
「謎の日本史外伝」や「戦後・あの日、あの時」などを雑誌に連載、著書に「東京哀歌」「ボスの遺言」などの小説もある。

「日本人、最期のことば」には著名な日本人の人生の終い方が描かれており、単純にその言葉だけを取り上げても、もしかすると意味は無いのかもしれないが、詳しくは「日本人、最期のことば」を読んでいただくとして、取り敢えず、そのことばだけを並べてみることにしよう。

坂本龍馬  修羅か極楽かにお供申すべく候

西郷隆盛  もう、この辺でよかろ

夏目漱石  いいよいいよ、泣いてもいいよ

勝海舟   コレデオシマイ

千利休   かなしく候

宮本武蔵  今生のお暇にござる

幸田露伴  じゃあ、おれはもう死んじゃうよ

この他、織田信長や豊臣秀吉、松尾芭蕉、小林一茶、石川啄木、正岡子規など20名の最期のことばが、その人生と重ね合わせて名文で綴られているのを読むと、ナルホド、この人物にしてこの最期のことばがあるのだなあ、と納得し唸らせられるのだが、単純に最期のことばだけを羅列してみると、才ある故人には誠に申し訳無いけれども、いよいよの死に際してはみんな似たり寄ったりで、意外と平凡なものなのだなあ、と感じてしまう。

あるいは凡人にとっては、死と向き合うのは恐ろしくて深刻だと思えるのだが、いよいよとなれば、案外こういう達観した境地のものかもしれないとも思える。

そうならば、今から何も気の利いた辞世の句や言葉を準備せずとも、気楽にその時のぶっつけ本番で臨めば良いのかもしれない。
希林さんのご冥福をお祈りする。

    「ありがとさん 最期のことば これが良し」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR