FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  日馬富士の暴行事件

日馬富士の暴行事件

モンゴル出身の横綱日馬富士が同郷の力士である貴ノ岩に暴力を振るい大ケガを負わせた事件で連日ニュースやワイドショーが賑わいを見せている。

貴ノ岩は貴乃花部屋に所属する力士で、貴乃花部屋から提出された診断書によれば「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間程度と考えられる」というものだ。

暴行事件はモンゴル出身力士たちによる仲間内の懇親会で起きたものであるらしい。
ビール瓶で殴ったのかどうかなどが問題になっているようだが、実際にはビール瓶ではなかったが、貴ノ岩が旭鷲山に語ったところによれば、それに類する酒瓶や灰皿やテレビのリモコンなどで手当り次に殴られたらしい。

同席した白鳳などは同僚の横綱である日馬富士をかばおうと歯切れが悪いが、ここまで大騒ぎになると、どこまで事をうやむやに出来るかどうか。

モンゴル人同士の内輪もめなので、日馬富士と貴ノ岩の間では実際に話はついていたのだとの噂も聞くが、貴ノ岩の親方である貴乃花がこのことを知り、黙って見過ごせないと警察に被害届を提出して問題化したというのが真相のようである。

兼ねてより貴乃花親方は興行主である日本相撲協会のあり方について疑問を持っていて、これまでにも、さまざまな改革案を提案してきたが、実現に至らず大きな不満を持っており、今回の暴力事件もまず相撲協会に報告するのが筋だが、もみ消されることを恐れて直接警察に被害届を提出したと思える。

見方によれば、貴乃花親方が相撲協会にケンカを売ったとも見えるし、また、この機会を捉えて、相撲協会の古い体質を変えるチャンスと考えた、とも思える。

貴乃花親方は事件の当事者である貴ノ岩をかくまって、相撲協会や報道関係者を含め世間から隔離しているので、さらに事件の謎を深めているのが実情だ。
一方、日馬富士は暴力行為を認めており、一説には15年以下の懲役か、50万円以下の罰金が科せられる罪に該当する可能性があるという。

出来るだけ穏便な形で処理したい相撲協会は貴乃花親方にお金で解決することを試みたが拒否されている。
実際に、貴ノ岩のケガは、簡単にもみ消すことのできないほどのかなりの重傷のようでもある。
九州場所の興行が終わってからの結論となろうが、果たしてどういう結末になるのだろうか。

本来ならば、警察がすぐにでも日馬富士を逮捕するような傷害事件だと思えるのだが、九州場所の興行中でもあり、また加害者と被害者が力士であることで特別の配慮をしている様子がうかがえる。
そういう意味でも相撲の世界は日本にあっては特殊であることが分かる。

日本では、プロ野球やサッカー等々様々なスポーツがあり、それぞれの形での興行が行われている訳だが、特に相撲は一部の人びとからは国技とも称されている。

優勝すれば天皇盃が授与され、一月場所には必ず天皇、皇后が観戦することが慣例になっていて、天覧相撲と呼ばれているように、皇室とも深い間柄にあるらしい。
それに新横綱になると明治神宮で土俵入りが奉納されるし、一年を通じて富岡八幡宮や伊勢神宮などでも奉納土俵入りが行われるように神道とも深い関係があるように見受けられ、何やら胡散臭い世界でもあるようだ。

一年6場所、ひと場所15日間の取組があるので、4日に一度の割合で相撲興行が行われている勘定で、NHKではその期間3時から6時までの全取組を総合テレビで放送している。
その意味では、国ぐるみで相撲興行を支えている格好だ。
どれだけの人口が大相撲に関心があるのか知らないが、国技と称される所以である。

そういう背景があるので、教育界での体罰にも似て、ある種、特別視された特殊な閉ざされた世界での暴力事件なので、関係者が出来るだけ事件にしたくないとの配慮が生まれるのだろう。

何しろ、この時代にチョンマゲを結っている異次元である。
相撲の好き嫌いは別にして、それだけでも日本相撲協会が守ろうとしている世界が容易に想像できる。
サッカーや他のスポーツ界とは異なり、日本の伝統文化であることを敢えて強調したいとの業界の意図が見える。

そのことが、別に悪いこととは思わないが、臭いものにはフタをするなどの隠ぺい体質や、今回の暴力沙汰なども引き起こすことになる。
貴乃花と日本相撲協会の対立にもそんな様子が見て取れる。

相撲をスポーツとして捉えるのか、プロレスまでではないが、興行を主とする疑似スポーツと見るかで立場も異なって来るだろう。
一時、興行の見世物としての大相撲時代は大手を振ってまかり通っていた八百長取組なども、時代の変遷と共に問題になり、建前では八百長相撲は厳しく取り締まられるようになったが、大相撲はもともと興行が主体のそういう世界なのかもしれないのである。

それをサッカーや他のスポーツと肩を並べての純然たるスポーツに変革すれば、もしかすると大相撲などは消滅するのかもしれないとも思う。
それは相撲業界が決めれば良いことだ。

ただ、仮にそういう閉鎖的な社会であっても、今回の日馬富士の暴力事件は大相撲の世界だからと大目に見てはならないものだし、貴乃花と相撲協会の対立で貴ノ岩が犠牲になるようなことがあってはならないと思う。
それが教育の場であろうと、皇室や神道との繋がりのある伝統社会であろうと、どんな理由があろうと暴力に対しては忖度なく、法の前に平等でなければならない。

        「ハッケヨイ 残すな悪の 徳俵」




にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR