FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  早坂暁さん大いに語る

早坂暁さん大いに語る

突然の電話があり、本当に久しぶりに早坂暁さんが会社に訪ねて来られた。

今更、早坂暁さんについての説明は不要だと思うが、「天下御免」「夢千代日記」「花へんろ」「必殺からくり人」「七人の刑事」など、なんと1000本を超す映画やテレビドラマの脚本、小説を書いておられる。
とんでもない才人である。
今年の9月に88歳、米寿の誕生日を迎えられた。

実は早坂さんは、昨年1年の間だけで、心臓発作で3回倒れて病院に担ぎ込まれている。
胃は半分無いし、胆嚢も無い。前立腺にガンもある。
70歳の頃には胸を切り開いての心臓の大手術もしている。

早坂さんとはかれこれ30年近くお付き合いさせて頂いているが、その間にボクの目の前で2度倒れ、救急車に同乗した。
「これまで1億円以上の大金を病院に払っている」と豪語されるほどに、とにかく病気とは縁の深いお方である。

昨年の晩秋に、去年だけでも3回目となる心臓発作での入院の際は、実際に生死の境を彷徨われた。
これまで、危ないと思われたことが何度となくあり、しかしその度に、驚異的な生命力で生還し周囲の人たちを驚かしてきた。
しかし、3度目の時は集中治療室からなかなか出ることが出来ない状態が続き、今度ばかりはいよいよ助からないかもしれない、とボクも覚悟していたのだった。

しかし、何と再び三度、奇跡的な生還を果たす。
生きることへの凄まじいまでの執念を見せた。

退院直後は自力では歩けないほどに弱られ、この春にお会いした時にはかなりの回復を見せてはいたが、それでもその表情はどこか虚ろな感じだった。
そして、今回、半年ぶりにお会いしたのだったが、以前の時とは打って変わって顔色も良く、笑顔などもあり、かなり回復されているようにお見受けした。

ところで、早坂さんには、もうひとつ、驚かされたことがある。
米寿を迎えられたこの秋に新しい嫁さんを娶って正式に入籍された。
先生も、死の淵を彷徨いながらナカナカやるものだ。
いよいよただ者ではない。

耳がかなり遠くなっておられるので、ボクの方も大声で話すのだが、果たして聞こえているのかどうか分からないことも多い。
その度に、新しい嫁さんが、通訳のように早坂さんの耳元で改めて伝える。
先生はそこで頷く、といった調子の会話が続く。

「鼻ツンの耳ツンですねん」と嫁さんがボクに解説する。
「そうそう。鼻ツンの耳ツンだよ」と先生。
「なんや、ちゃんと聞こえてるやないの。悪口だけはしっかり聞こえますねん」
先生ニヤリと笑っている。
鼻ツン、耳ツンが差別用語ならごめんなさいだが、何とも微笑ましい新婚夫婦である。

普段は、面倒くさがり、あまり外出することもなく、家の中で過ごすことが多いと嫁さんは言う。
「先生、毎日、退屈してませんか」とボクは聞いた。
「毎日、退屈してませんか、と聞いてはるよ」と嫁さんが耳元で繰り返す。
「退屈してるよ」と先生は即座に子供のように応えた。

それがキッカケで先生に火が付いたのかどうか、それまで、ほとんど頷いてばかりだったのだが、突然、先生が実現させたいと考えている企画の話になった。
「日本にはこれまで2度の大きな国難があった」とやおら先生は語り始めた。

サテ、何だろう、太平洋戦争をまず思い浮かべた。
あるいは、アメリカのペリー来航だろうか。

「日本の国難のまず一つ目は二度に渡る蒙古の襲来だ」
一度目は1274年の文永の役、二度目は1281年の弘安の役で、当時アジア大陸を支配していたモンゴル帝国のフビライ皇帝が属国であった高麗王国の軍と共に九州に侵攻してきた。
いわゆる元寇で、役とは戦争のことである。
弘安の役で攻めてきた艦隊はそれまでの歴史史上最大規模の艦隊であったと言われている。

早坂さんは、かつてこの元寇の役をテーマとして毎日新聞に連載小説として書かれたことがあった。
神風が吹いてモンゴル軍が敗退したとボクたちは学校で教えられたが、当時、瀬戸内海を支配していた水軍、いわゆる海賊の末裔でもある早坂さんによれば、実際はそんな単純なものでは無かったらしい。
書くことが多すぎて、連載の期間内では収まりきれなかったらしい。

「もうひとつの国難は日露戦争だった」と早坂さんはさらに熱弁をふるい続けた。
「ところで、緊迫している世界の情勢の中で、これから日本がどのようにやっていけば良いのかは大きなテーマでね。国難という視点から僕は三つの企画がある。それをぜひオルタスジャパンで実現させたい」と語った。

企画の詳細については割愛するが、その衰えることのない熱い思いや企画への執念は、とても病で何度も倒れている米寿の老人のものではなかった。
本物の表現者の姿をボクは改めてしげしげと見つめていた。

「今度会う時までに企画書を書いて来ますよ」と早坂さん。
次から次へと話は展開し、どこまでも留まるところを知らなかった。
身体を心配して、そろそろ帰りましょう、と促す嫁さんにも耳を貸す気配を見せない。

帰り際に「ホントに久しぶりで早坂節を聞きましたわ」と嫁さんは嬉しそうに言った。   

        「宿題の またひとつ増え 馬鹿社長」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。









関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR