ホーム   »  ドキュメンタリー  »  人にはそれぞれの適性と能力があり、そこを見極めるのがボクの仕事

人にはそれぞれの適性と能力があり、そこを見極めるのがボクの仕事

プロデューサーにフリーはいないので、基本的には、自分たちの会社でプロデューサーを育て上げるしかない。

年齢に関わらず、適性だと見込んで本人に話しても、たいていの場合、もうしばらくディレクターをやらせて欲しい、と懇願される。

本人のやる気が一番だから、君はプロデューサーに向いている、と口説いて無理強いしてもろくなことにはならない。

特に若いうちは、自分はディレクターとしては能力がないと宣告されたような錯覚をおこす。

その気持ちは分かる。

しかし、人にはそれぞれの適性と能力があり、そこを見極めて決定していくのもボクの仕事なのだ。


       「口説くのは 得意のはずだと 首ひねり」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR