FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  北朝鮮の核開発騒動

北朝鮮の核開発騒動

日毎に深刻度を増している北朝鮮の核開発問題を与太郎の冗談話にしては叱られるだろうか。

熊さん「金正恩の旦那もずいぶん大暴れしてくれますねぇ」
ご隠居「そうだな。核武装して国を守ろう、というのは建国以来、親子三代に渡る北朝鮮・金王朝の
    悲願だからね。三代目としても命がけだろうよ」
熊さん「へえー、王朝ですかね。あそこの国は」
ご隠居「世襲による天皇制の国にしたいと思っているのだろうな。
    群雄割拠の朝鮮古代史そのままの王国だな。朝鮮民主主義人民共和国というのが正式な名称だが、
    民主主義も人民も共和国の名も泣いているね。
    建前と本音の異なる典型的な国だな」
熊さん「なるほどね。それにしても、アメリカさんもずいぶん弱腰ですね。 
    いっそのこと、ババッとやっちまわないんですかい?」
ご隠居「おいおい、乱暴なことを云う奴だな、お前さんは。ここまで核開発を進めて、完全武装している国を
    武力で叩いたんじゃ核戦争だぜ。
    アメリカは遠いから簡単にはミサイルは届かないが、日本や韓国は全滅するよ。
    でも日本と韓国はアメリカにとっては重要な軍事施設のある最前線基地で、設備投資に
    金が掛かっているからね、間違ってもアメリカはそんな自分の損になることはしないな。
    特に、今度の場合は戦争して得をする者はどこにもいないからね、絶対に戦争にはならないよ。
    一旦軍事行動に出たが最後、核戦争はおろか、50基以上もある日本の原発でも狙われたら
    一巻の終わりだし、下手をすりゃ世界の終わりだ。
    トランプさんは、政治は素人だが、不動産じゃ一儲けして財を成したいっぱしの商売人だからね。
    第一、そんなことをしたんじゃあ、商売にならない」                       
熊さん「商売ですか」
ご隠居「そうさ。商売の良いチャンスだろうよ。今度、韓国に新しくサードミ サイルを配備することが
    決まっただろう。
    アメリカが開発した弾道弾迎撃ミサイル・システムらしが、 これが一基いくらすると思う?」
熊さん「さあて、1億円はするんでしょうね」
ご隠居「冗談云っちゃあいけないよ。なんと一基1500億円だよ。
    日本にも 8000億円払って買ったサードミサイルがあるらしいな。
    全部アメリカさんが儲かる仕組みになっているという訳さ」
熊さん「なるほどね。北朝鮮のお蔭でアメリカが金儲けできるんですね」
ご隠居「まあ、そういうことだな。日本も北朝鮮のお蔭で、防衛費の予算をどんどん増やせて
    5兆2千億円以上にもなっているらしいよ。
    益々順調な軍備増強で防衛省を初め、軍事関係者や商社それに日本のタカ派は大喜び
    しているだろうね。
    そしてまたそれでアメリカさんが儲かるって寸法さ」
熊さん「話を聞いてりゃ、北朝鮮のお蔭で喜んでいる人たちが、あちこちにずいぶんいるようですねぇ」
ご隠居「世の中はそういったものでさ、上手く出来ているよ。そのお金を払っているのはワシら
    国民だからね。 世の中がキナ臭くなればなるほど喜んでいる連中がいるものさ。
    でもね、喜んでいるのはそれだけじゃないよ」
熊さん「へえー、まだ他にも喜んでいる人たちがいるんですかい?」
ご隠居「自民党議員や閣僚の相次ぐ失態と森友学園、それに加計学園疑惑で、
    すっかり国民の信用を失い、しょげ返っていた御仁がいただろう。
    あの御仁が、また元気を取り戻して、北朝鮮に制裁を加えろ、石油を止めろと妙に生き生きと
    動き回っているね。今度の世論調査でも、内閣の支持率が不支持率を上回ったからね。
    あの御仁も北朝鮮のお蔭だと喜んでいるひとりだな。
    まるでトランプさんのポチだね」
熊さん「いくら何でもポチは酷すぎるでしょう。一国の総理大臣なんだから。
    同じ犬でも、せめて忠犬ハチ公とか、廊下トンビとか、太鼓持ちとか、ナントカ……
    もっと格上の言いようがあるんじゃないですかい?」
ご隠居「北朝鮮が相手にしたいのはアメリカだろう?日本は直接には関係なんかない訳でね。
    日本は拉致問題以外は北朝鮮とは何もない訳ですよ。北朝鮮が核開発に命を賭けているのも
    ただ単純にアメリカに現在の王朝を潰されないためだからね。
    イラクやリビアが滅茶苦茶にされた例を見ているからな。とにかく核を手段に国の存亡
    を賭けた、後には引けない命がけの外交をやっている。
    目指す敵はどこまでもアメリカさんだ。
    だから北朝鮮は初めから日本など眼中には無い訳だよ。それを日米安保がどうとか言って
    日本がアメリカのお先棒を担ぐ格好で、はしゃぎ回っているのはどうかね。
    余計なことをして北朝鮮の恨みを買う必要は無い訳でね。
    実際、余り意地悪をすると日本に水爆 を落として海の中に沈めるぞ、なんて脅かされているよ。
    いくら人気を回復するためとは言え、どうもあの御仁は、日本を危ない方へ、危ない方へと
    持って行こうとする傾向があるね。
    相当のお調子者だね、あれは。まったくの似たもの夫婦だな」
熊さん「それはそうかもしれませんけどね、ご隠居。北朝鮮が原爆や水爆を持った日にゃ日本も
    困るでしょうよ。 拉致問題どころじゃなくなりますぜ。
    返る者も返らなくなるし、これから北朝鮮に脅かされ続けますぜ」
ご隠居「確かに、それはあるな」
熊さん「それに、原爆や水爆の実験をやたらにやりやがるし、日本の上空にミサイルをバンバン
    飛ばされちゃ、おいらだって黙っちゃいられませんぜ。
    ミサイルの破片でも落ちてきたら大変だと云うんであちこちで避難訓練までしているじゃ
    ありませんか」
ご隠居「それはそうだが、テレビの連中もちょっと大騒ぎし過ぎだよ。やたら危機感を煽って国民に
    不安感を与えようとしている。
    マスコミこぞって政府の思惑に忖度しているような所があるな。
    ミサイルの破片を怖がるなら、毎日日本の上空を飛び回っている何十機か何百機か知らないが
    旅客機や戦闘機の破片は怖くはないのかね」
熊さん「そう言われりゃそうですね、飛んでる機体数のケタが違いますからね」
ご隠居「それに他にも、もっと喜んでいるのがいるぞ」
熊さん「ええーっ!まだいるんですかい?
    いつまで経っても話が終わらないじゃありませんか、ご隠居」
ご隠居「そうだな、長くなったな。
    それじゃ、ひと休みして晩飯でも食って続きをやるとするかね」
熊さん「勘弁してくださいよ。それじゃあ、今聞いてしまいますよ」
ご隠居「そうかい、そうかい。それじゃ話を続けるとするかね。
    北朝鮮が核保有国になったんだから、日本も核を持つべきだ、と嬉しそうにとうとう
    本音を言い出すのが現れたね」
熊さん「でも、そうでもしなきゃあ、北朝鮮に対抗できないんじゃありませんか。日本も水爆の
    ひとつやふたつ持っていた方が良いんじゃないですかい?」
ご隠居「本当に馬鹿だね、お前さんは。
    そんなことをしたら世界中が原爆や水爆だらけになってしまうじゃないか。世界唯一の
    被爆国の人間が言うことかね。
    でもね、本気でそう考えている政治家や勢力が多いことは間違いない。
    早速、お前さんと同じことを云い出したね、元防衛大臣とかいう目つきの悪い薄気味悪い
    政治家がいるだろう」
熊さん「いくら何でも、他人様の顔のことを云っちゃいけませんぜ、ご隠居」
ご隠居「いや、それはワシが悪かった。
    しかしだな、日本がこれまで、多くの国民の反対を押し切り原子力の平和利用と称して
    原子力発電を国策として推し進めてきたのも、ひとつは安全保障のためだよ。
    福島原発事故の処理に今後何百年かかるかもしれないという被害を出しても原発を絶対に
    止めようとしないだろう。
    福島では今も汚染水は垂れ流しで毎日貯蔵タンクが増えていくばかりだ。
    その解決方法すら無いのだからね。いったいどうするつもりなんだろうね。
    それでも原発を死守しているのは、もし原発を全廃すれば、核に関する技術力が落ちるからね。
    それに原発さえあれば水爆位のものはいつでも簡単に作れるって寸法さ。
    そういう意味では日本は核保有国としての潜在能力があるってことだよ。
    でも、持たず、作らず、持ち込ませず、という非核三原則を守ってきた過去がある。
    非核三原則、これは日本としては素晴らしい、誇れる選択だとワシは思うよ。
    それを今回の北朝鮮の騒動を利用して、待ってました!とばかりに喜んで、日本も核保有国に
    なるべきだと主張し始めている。
    お前さんと同じレベルだな。
熊さん「元防衛大臣と同じレベルってことは、つまり、おいらも防衛大臣になれるってことですね、ご隠居」
ご隠居「まったく、馬鹿につける薬はないね」
熊さん「それで、この先どういうことになるんですかい?」
ご隠居「そんな難しいことはワシには分からんよ。
    でもね、アメリカさんはこの際、北朝鮮に思いっきり圧力をかけて、経済制裁をして、
    北朝鮮をいじめるだろうね。
    しかし、北朝鮮はこれまで永い時間をかけて緻密に計算してここまで漕ぎつけた、したたかで
    利口な国だ。経済制裁位では絶対に弱音を吐かないし暴発も自滅もしない。
    北朝鮮の言葉は乱暴だか、やっていることは冷静で計画的だ。
    目的を達成するまで、アメリカに堂々と立ち向かってこれまで以上に根気よく反発と挑発を
    続けるだろうよ。
    そして、益々軍事的緊張感が高まるな。日本も韓国もいよいよ大騒ぎだ。
    アメリカさんからどんどん武器を買わされて軍備の増強に懸命になるのだろうな。
    そして、アメリカさんは予定していた商売の方が終わった頃を見計らって、一旦、今回の騒動に
    幕を引くことになるだろうな」
熊さん「へえー。一体、どんな幕を引くんですかい?」
ご隠居「北朝鮮の核開発がここまで進展したら、武力による解決はとても出来るもんじゃないからね。
    北朝鮮を甘く見て、こうなるまで放置していたアメリカを初めとする大国の責任でもあるからね。
    アメリカは北朝鮮の核保有の是非や核保有国としての立場は公式には一旦棚上げしておいて
    ひとまず、現在の金王朝の存在を認めるか、その安全を保障するかなどの線でまず交渉の
    テーブルにつくのではないかな」
熊さん「へえー。本当に戦争にならずに、そんなに上手くことが運びますかね。
    でも、仮にそうなるとしてですよ、ということは、今度の北朝鮮の命をかけた核開発作戦は
    見事成功した、ということにはなりませんか?
    それじゃ、俺たちの国も核を持とうなんて、おいらや日本の元防衛大臣みたいに考える輩が
    次々に出てくることになりゃしませんかね」
ご隠居「そこだよ。だからアメリカさんも北朝鮮の核保有については簡単には認めないと思うよ。
    北朝鮮もこの件だけは、どんなことがあっても絶対に後には引かないからね、これから先
    北朝鮮の核の保有を巡って色んな駆け引きが行われるのだろうよ。
    中国やロシアなどの思惑も加わってややこしい政治交渉があるのだろうな」
熊さん「でも考えてみれば、アメリカさんは自分の国は核保有国のくせに
    他の国には核を持っちゃいけないなんて、ずいぶん図々しいことを平気で言えるもんですね。
    説得力に欠けますね」
ご隠居「それはそうだが、世界は理屈に合わない不条理の中で動いているからな。
    もともと人の世は理不尽なものなのさ。
    アメリカさんたち核を持っている大国は、自分たちだけで核を独占的に保有するのは当然だと
    考えているのだろうよ。
    それで世界の平和が保たれているのだと本気で思っているのさ。
    でもさ、客観的に考えても、これ以上核保有国を増やしてはいけないというのも正直なところだ。
    せっかく核を持たない多くの国々が核を持つことを止めようとの国連決議をしたばかりだからね。
    そこに日本の姿が無いのはいかにも残念だがね。
    だからお前さんも安易に水爆を持つ方が良いなどと夢々考えちゃいけないってことだよ。
熊さん「へいへい、分かりましたよ、ご隠居。
    これ以上遅くなるとカミさんに叱られますんで、今日のところはこの辺でお開きということに。
    チョン」
 
       「核兵器 世界の神に 君臨す


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
所詮、ゼニよ!
ご隠居さんと熊さんの話だから、与太郎より。

昔々、「傭兵の時代」といのがありやんした。
どちらの陣営も偉丈夫で、見栄えのする立派な兵隊を揃えてぇ。
ダビデの時代には、ゴリアテなんてのがいたさね。
そういう立派な兵隊は、熊さんを雇うより金が掛かる。
いざ戦いとなると、高いゼニを掛けた傭兵を殺されるのはもったいねぇ〜。
てんで両陣営見合っただけで、戦わずに引き上げたんだってさぁ。
水爆もミサイルも、バカ高い金が掛かるようにすればいいんじゃねぇの?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR