FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  働くということ~現役と老後の狭間~

働くということ~現役と老後の狭間~

上手な歳のとり方というのは難しいようだ。

ボクがまだ幼稚園児だった昭和22年頃の日本人の平均寿命は、50歳そこそこだったのが、今では男性も80歳を越え、女性は87歳になろうとしている。
寿命が延びた分、益々生き方が難しくなる一方である。

先日、名古屋に在住の女友だちのYさんが1年ぶりに訪ねて来た。
彼女は、ボクがまだ30歳を少し過ぎた若造の頃に作ったドキュメンタリー番組を視て感じるものがあったらしく、テレビ局に訪ねて来た人で、それ以来40年ほどの付き合いになる。

その番組は、ボクが大学を卒業して社会に出てから10年経った頃で、大学時代を共に過ごした同級生たちが、今をどのように過ごしているのか、何を考え、何を求めて生きているのかその姿を探り訪ね歩くというものだった。

ボクたちの大学時代は学生運動が盛んな政治の季節だった。
ボクの在学していた早稲田大学でも、学費値上げをきっかけとして反対闘争が行われ、世に早稲田闘争として知られる学園を挙げての大紛争に発展した。

ボクはイデオロギーなど信じる気は無く、いわゆるノンポリだったが、それでも否応なく闘争に巻き込まれ紛争と無縁ではいられない当時の状況があった。
ロックアウトで教室が閉鎖され授業も碌々行われず、デモも盛んだった。
当時、「鬼の四機」と学生たちから恐れられていた警視庁第四機動隊とぶつかり、同級生の中に逮捕者が何人も出た。

親しい仲間と集っては、どういう世の中にすべきかを徹夜で論じ合ったものである。
そんな大学時代を日夜共に過ごし、理想を語り合った仲間たちの10年後の姿を追う私的ドキュメンタリーを作ったのだったが、意外に反響が大きく、視聴者の中でボクを訪ねてくる人たちも多かった。

Yさんもそんな視聴者のひとりだったが、その時以来、一年に一度くらいの頻度で連絡があり、わざわざ名古屋から新幹線に乗って会いに来る。
それが40年間余続いている。
ボクたちは、まるで七夕だね、と笑っている。

Yさんは、独身で今年68歳になるが、ずっと中学や小学校の社会科の先生をしてきた。
3年前に退職し、今は年金とこれまでに貯えてきた預金で悠々自適の毎日を送っている。
家も現役時代にすでに手に入れており、将来の暮らしに何の不安もない。

Yさんはリベラルな社会派で、管理主義教育のメッカである愛知県にあって、周囲のガチガチの教育現場での教育方針と闘いながら、それなりの苦労を一通り体験してきた。
教員を退職した今も、現役の教師や校長などの管理職にも呼びかけ、教育のあり方に関する勉強会を開くなどの活動も続けている。

趣味も広く、焼き物にはまるうちに、朝鮮の陶磁器にたどり着き、興味は朝鮮の文化へと広がっていく。
自分の好きな作家や文学の読書会があると聞くと、どこへでも飛んで行く。
大学にもう一度勉強に通う計画も立てている。

都はるみのファンで追っかけをしたり、今はナントカいうグループに夢中でそのコンサートのチケットを努力して手に入れるようなミーハーでもある。
そうかと思うと、原発反対のデモにも熱心で、労を惜しまず各地を訪れる。

とにかく真面目で勉強家で研究熱心で行動的である。
だから退職しても退屈などしている暇はなく、忙しく走り回っている。

誰が聞いても羨むような自由な生活で、まさに第二の人生を謳歌するモデルケースにでもなれそうなYさんの暮らしなのだが、当人は浮かぬ顔なのである。

「何かやらなければならないことがある筈なのよね」と彼女は名古屋弁特有のイントネーションでつぶやく様に言った。
どうやら浮かぬ顔の正体は、今の生活に満足できないところに原因があるようだった。

「人生でやらなきゃあならないことなんて特別に無いだろう。自分でどうしてもやりたいと思うことがあれば別だけど、わざわざそれを今から改めて探す必要などどこにあるの?」とボクは応えた。
「そう言われりゃ確かにそうだけど、中途半端な年齢なのかもね」とYさんは少しさみしげに云う。

今の時代、寿命が延びた分、年寄が若返っているが、そうは言っても68歳は世間では立派な高齢者だ。
しかし、枯れるにはまだ若すぎてなかなか老境に至れるものでもない。
本人の気分としてはまだまだ青春時代の延長線上にあるに違いない。

「自分探しは若い連中に任せておけば良いんじゃない?」とわざと突き放すようにボクは言った。

現在、60歳以上が日本の人口のおよそ30%を占める世界一の高齢者社会だ。
65歳以上では26,7%、全人口の4分の1を越える。
Yさんが抱いている漠とした悩みは、恐らくそれら高齢者たちに共通する出口を見つけることが難しい難問の一つだと思われる。

その悩みの大きな原因のひとつは、それまで働いていた会社などの組織を定年などの理由で辞めることになり、否応なく社会との接点を断ち切られたことにあるのではないかと思う。

四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ、という渋沢榮一翁の元気の良い言葉があるが、それとは裏腹のままならぬ現実がある。

たいていの場合は、再就職などは難しい年齢で、まだまだ働けると当人は自信があり、また働きたいと願っているのに働けないことへの絶望感が、何をやっても、心から楽しめない、どこか虚しい気持ちにさせるに違いない。
これは、元気で有能な高齢者にとっては、とても辛いことである。

人生観も人それぞれだし、晴耕雨読の老後を楽しめる人たちもいるだろう。
また、労働についてのとらえ方や、労働観もさまざまだろう。
時代の変化と共にそれらは変化するに違いない。

労働は神がアダムに与えた罰だとも聞くし、労働は神聖なもので神の意志とも聞く。
また労働組合などは労働条件や賃金値上げなどを主張している。
これらを見ると、労働は神を含めた誰か労働力を必要とする上から押し付けられてやらされるモノ、との印象を受けるし、奴隷や強制労働を連想させる。

しかし、一方で、労働は社会や人に役立てるもので、仲間や共同体でお互いの価値を認め合うためのもの、そしてそれが自分の生きる喜びになるもの、との考えも存在する。

現在の世の中を眺めてみると、お金を得るために労働があるように見える。
その要素が極端に突出した価値観になっているかのように見える。

しかし、歳を重ね、有る程度暮らしも安定し、それなりの人生の終盤で、労働という行為を無理やり奪われた時、労働の持つ本来の本質的な意味に人は気づき始めるのに違いない。

いよいよ、高齢化社会が進み、働きたくても働く場を満足に得ることができない高齢者の割合が高まるにつれ、この労働に関する考え方が大きく変化していくのではないかと思う。
もしかすると、労働可能な年齢も上がり、労働に対する価値観も少しづつ変わり、それに伴って自分の利益のためだけに働くのではなく、仲間や社会との共存のための労働観が根付くことになるかもしれない。

そして、トランプ大統領を象徴とする自国だけの利益を考えるエゴイズムの世の激しい潮流への歯止めになれば、などと考えるのは妄想に過ぎるだろうか。

「ボクたちの会社には定年は無いんだよ。自分が働ける自信のある間は働けるようにしているんだよ」と云うボクに「良いわねぇ」とYさんは眼を輝かせた。

4時間ほどの食事を終えた。
「明日は大阪の夏目漱石の読書会に行く予定なの。今日はありがとう。何か元気が出て来たわ」と笑顔を見せた。
「それじゃ、また一年後だね」とボクは言った。

   「老骨に 鞭打つ日々も 喜びか」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
「workで‼︎」
「workで‼︎」

義父は、大学で教鞭をとっていましたが、いまの僕の歳に定年で大学を去りました。
その日、「これからはつまらないなぁ〜、いくらインプットしても、アウトプットする場所がないからなぁ〜」と寂しそうに呟きました。
「晴耕雨読」は、一つの理想ですが、アウトプットがありません。生き甲斐にはなりません。
オルタスジャパンの「定年制なし」は、アウトプットの場を与え続けることを意味します。理想社会への挑戦ですね。

「労働」の英語には、「work」「 labour 」「job」の三つがあります。
「work」には、「作品」という意味があります。
「 labour 」には、「難産」という意味があります。語源は「slave(奴隷)」です。
「job」は、旧約聖書の「ヨブ(Job)記」からとられたもので、神から過酷な試練を与えられても、信仰を守り通した人の名前が語源なのです。「辛い試練」という意味があります。

オルタスジャパンでは、「labour」「job」ではなく、「work」で貫いてくださいね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR