FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  安倍政権のもたらすもの

安倍政権のもたらすもの

先日のブログで自民党議員の続く不祥事に触れ、その原因に安倍政権の一強政治に潜む権力の腐敗について問うた。

そして、これだけ多くの、自民党議員や閣僚たちによる、普通ならばスミマセンだけでは済まない筈の不祥事にもかかわらず、野党からの徹底した追求も、また政局にこれといった影響を及ぼすこともなく、それに国民の反応もほとんどなく、内閣支持率が下がる訳でもない不思議な光景をボクたちは目の当たりにしている。

国有地払下げで、忖度が問題となり、安倍総理や昭恵夫人が、直接的間接的に関わったとされる「森友学園」の疑惑も本来ならば、もっとしっかりと解明されなければならない筈なのに、政府自民党も各関係省庁も隠ぺいにこれ努めている。

「私も妻も一切、認可にも国有地払下げにも関係していない。関係していたということになれば、総理大臣も国会議員も辞める」と衆議院予算委員会の答弁で大見得を切った安倍総理だが、マスコミなどの取材によって実際に総理夫人の関与が明らかになっている。

そして新たに浮上している「加計学園」の36億円にもなる不正払下げ問題でも、安倍総理夫妻の関与疑惑が明るみに出はじめているが、官邸は知らぬ顔の半兵衛でやり過ごそうとしている。

世間をここまで馬鹿にしている政権に対し、追求の力を失ってしまっている野党も情けない限りだが、自民党の中にも健全な浄化機能不全を来たしていることもまた明らかである。

権力が自分たちにとって都合の悪い不始末を隠ぺいしようとするのは当然と云えば当然のよくある図式だが、各省庁関係者も人事権を含め、完全に総理官邸に牛耳られる権力構図が出来上がっている様子で身動きがつかなくなっているようである。

権力を振りかざすやり方は安倍政権のひとつの特徴で、マスコミ、特に免許事業であるテレビ局へのあからさまな介入は周知である。

森友学園事件や加計学園疑惑での隠ぺいの形を見ると、本来は存在しているべき記録や資料が、破棄してしまったとか見当たらないなどの理由でそれら資料の提出を拒否し続けている。
さらに、週刊誌に真実を証言した文部科学省の事務方のトップだった前川前事務次官については個人のスキャンダルに矮小化しようとするなど首相官邸は姑息な攻撃も加えている。

また読売新聞などは安倍首相のたいこ持ちのように、官邸からの要請に応じて記事を掲載するなど、これもジャーナリズムの本来の役割を完全に放棄している有様だ。

これらの一連の判断や行動は関係省庁独自なのか官邸の指示によるものかボクには定かではないが、両者の共通した利害に基づく阿吽の了解事項、あるいはそれこそ忖度が働いているといったところだろう。

こういった隠ぺいの形は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣していた陸上自衛隊の日報問題でも同様である。

この日報問題は、昨年、ジャーナリストが防衛省に南スーダンでのPKOの活動状況についての情報公開を求めたのに対し防衛省は「日報は破棄された」と答えたが、再度調べると廃棄した筈の日報が出てきた。

これには裏があって、日報の公表を検討していた陸上自衛隊に対して、防衛省の統合幕僚官僚が保存の事実を非公表にするよう指示しており、日報が存在しているとの事実に関する防衛大臣への報告は一か月後であったことが判明した。

これは単なる隠ぺい事件を越えてシビリアンコントロールが行われていないことの証であり、実はとても大きな問題である。
軍事を司る防衛省の問題だけに事は大きいが、これなども安倍政権の持つ隠ぺい体質の別の形の現れと云えなくもない。

上層部が腐ると下も腐る。
稲田防衛大臣はもとより安倍総理の責任は重大である。

ボクが柄にもなく憂えているのは、ひとり安倍首相が嫌いだとか好きだとかの理由ではなく、政治の腐敗もさることながら、安倍政権を支える勢力の目指す日本の国の形に対して大きな危惧を持つからである。
そしてその進もうとしている未来の国の形を知りながらなおもそれらの勢力の象徴である安倍政権を支え続けようとする多くの人たちに対して不安を感じるからである。

現実には、公明党も維新の会も自民党の一部であると言っても過言ではない。
かろうじて野党と呼べるのはますますその存在感を失っている民進党と、少数政党の共産党だけである。
そして、自民党には安倍政権への対抗勢力は皆無である。

どう考えても、日本の政党の勢力図や在りようは健全だとは思えない。
それらは、確かに民主主義による国民の選択の結果だが、果たしてこれで良いのかとの思いが強い。

一方で、7月には東京都議選挙がある。
都民ファーストの会、小池新党の圧勝が確実で、ここでは、自民党も惨敗するだろうと予想されている。

しかし、小池新党も何のことはない、自民党と同質の政治団体でしかない。
やがて小池新党が国政に加わることは必定で、維新の会や公明党と並び、自民党を支えることになることは誰もが認めるところである。
憲法改正についても同じ価値観を持つ同質の政治グループである。

そして、細々と存続している現在の最大野党である民進党がそのあおりを受けて更に衰え、かつての社会党のように消滅することも目に見えている。
小池新党の目的が民進党を含めた野党つぶしの陰謀説だと噂されるゆえんである。

実際に、都議選に於いても、民進党では勝てないと踏んだ議員たちが小池新党に鞍替えするような事態も起きている。
また国政では、先日、長島明久衆議院議員がやがて迎えることになる衆院選を睨み民進党を離党した。

こんな始末では民進党はとても国民の信頼を受けることは出来ないし、現状に不安を抱く人びとの受け皿には到底なる資格はない。
確実に民進党崩壊の危機を迎えている。

確かに、今の民進党は全く魅力はないし、力もないが、こういった自民党一党独裁の政治形態は決して国民にとって望ましいことではないと思われる。
しかし、この政治の流れは止めることは出来ないのかもしれない。

東京都政の刷新を望んだ多くの都民の期待に応えようとした小池都知事は評価に値するとは思うが、国政への進出とそのもたらすであろう未来には注意を喚起すべきである。

政治は魔物である。
都民も含めて冷静な判断で未来を選択する必要があると思っている。
 
      「今は良い この先コワイ 小池知事」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR