ホーム   »  未分類  »  お金の流れに人は流れる

お金の流れに人は流れる

戦後の日本は敗戦の焦土から懸命に立ち上がり、奇跡とも云われる復興を成し遂げた。
そして、一億総中流と称される社会を作り、しばらくそんな状態が続いた。
特別の大金持ちもいなければ、それほど極端な貧乏人もいない、そんな社会はひとつの理想の形である。

しかし、賃金が上がり、ある程度経済的に豊かな暮らしが出来るという状況は長くは続かない。
労働賃金上昇の下で、各企業は賃金の高い日本から低賃金の海外に労働力を求めることになり、その結果、空洞化が生じ、結果的に日本経済は疲弊して行くことになる。
これはある意味当然の帰結である。

一方、国は国力を維持するために、大企業を優遇し、力の無い貧しい部分を役立たずとして切り捨てていく。
国家主義が台頭し、こうして次第に格差が生まれ、富める者と持たざる者の差が次第に大きい社会になってきている。

これは、ひとり日本だけの問題ではなく、グローバル化の波に洗われている世界各国が抱えている共通の問題である。
本来ならば、一極に集中している富を平等に分配すれば良いだけの話だが、そうはならないのが人間社会である。

実体経済を伴わない金融の世界が支配する現在の社会では、富める者は益々富み、貧しい者はさらに貧しくなっていく仕組みになっている。

福祉社会は、弱者や貧しい者、あるいは能力の劣る者も人並みに生きて行けることを目指すが、格差を是とする国家主義の社会では、弱肉強食が平然と認められ、能力のある者だけしか生き残れない過酷な競争社会となる。

自然界とは、もともとそういう生存競争の理屈で成り立っているものである、というのは開き直りの考えで、それでは福祉という考えは成り立たない。

恐らく人間社会は0.1%の強者と99.9%の弱者で成り立っている筈で、自分を強者の側に置ける人たちは少ない筈なのに、人はついつい自分が強者の側にいるかのような考えを持って判断しがちである。
だから、なかなか福祉や平等思想には眼が向かない。

能力や特別の才覚がなくても、汗を流せば普通に生きて行くことのできる社会でなければならないとボクは思うのだが、格差社会は間違いなく、才覚がなければ認められない世を目指す。

テロを決して認める訳ではないが、恐らくイスラム国を象徴とするテロの集団は、そういう大国や体制に対する怒りがその根本にあり、いくらテロ撲滅を叫んでもテロが無くならない理由であろうと思う。

これが現在の世界の大きな流れだが、そんな中でボクたち末端の庶民はあくせく生きている。
圧倒的多数の弱者のひとりとして生きている。

そして、誰しもがお金を欲しいと思っている。
しかし、そのお金の額はと云えば、あと2万円とか3万円あればとかの僅かな単位であることが多い。

とに角、ささやかなのだが、今よりも少しでも多くの金額があればと常に願っている。
そしてその思いは切実なのだ。
だから、僅かなお金の流れに動く人たちも多い。

ところで、ある調査によれば、現在、もっとも求人難の業界が、なんと放送業界であると聞いて、驚くと同時にナルホドと納得もした。

常識的には、東日本大震災以来、建設業界がトップかなと思っていたのだったが、建設業界は求人難第3位で、2位はIT業界だという。
IT業界には求職する人たちが殺到していると思っていたので、これにも意外感を持った。

人気の業界は銀行などの金融業界が上位を占めているようだ。
文字通り、お金の世界の現在を象徴する現象である。

一方、放送業界に人材が集まらなくなってから久しい。
この10年ほどボクたちの会社でもそれは実感している。

放送業界は仕事上、勤務時間が不規則で大変な割には給料が安いとの印象があるようだ。
それに、テレビの未来像が見えず、その将来に不安を感じているのだろうと思われる。
現実に、テレビの制作費が大幅に削減され、プロダクションも青息吐息の状態ではあることは確かである。

そして、テレビ局自体も今後のテレビ文化をどのように発展させていけば良いのかを真剣に模索していることもまた確かである。
テレビ業界は曲がり角の時代を迎えている。

しかし、立ち止まって考えてみれば、この状況は、テレビ番組を制作するボクたち制作プロダクションにとっては大きなチャンスとして捉えることができる。

これまでの既成の形を崩し新しい形を作るべき、ちょうどそんな変革の時代に生きていることは、面白いことであるし恵まれてもいる。
滅多に遭遇できることのないチャンスを生かさない手はない。

変革や新しい考えを創造するにはそれなりの勇気とエネルギーが必要だが、それに向かって燃えることのできる喜びもまた格別のものがある。

ボクたちは今、5年後の会社の形についてひとつの構想を持ち、その第一歩を踏み出すことにしている。
これからのテレビをリードし、テレビだけではなく、映像ソフトを提供する制作プロダクションとしての存在を確立したいと考えている。
そのためにも、現有勢力に加え、新たな人材の開発に努めているところだ。

これまでボクは、ハングリーでなければ、世の中の底辺や地べたを這いずり回るドキュメンタリーは作れない、と言ってきた。
そして、その考えは間違ってはいないと確信はしている。

しかし、考えてみれば、もともとボクたちは、この仕事で大きな金儲けなどは出来ない仕組みの中にいる。
ドキュメンタリー制作会社とはそういう存在である。

しかし、今季も間もなく決算を迎えるが、お陰様で黒字を計上でき、僅かながらだが税金を納めることが出来そうだ。
そして、得たささやかな利益はボクたちの会社のスタッフ全員に分配する。
分配の原則は、それぞれの能力や貢献度もさることながら、流した汗の量に重きを置く考えである。

ボクたちの歩んでいる、そして歩もうとしている道は決して平坦ではないが、やりがいと希望のある道だと固く信じている。

      「面白や 山あり谷あり 明日があり」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR