FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  コンサルとしての制作プロダクション

コンサルとしての制作プロダクション

ツクツクボウシの鳴く声を聞いた。
ツクツクボウシが登場すると秋風も間近だ。

ところで、若者たちがテレビを視なくなったと云われてから久しい。
テレビを視ないどころかテレビ受像機そのものを持たない若者たちも増えている。

ある調査によれば、テレビを視ている視聴者は60歳以上で、それ以下の年齢の人たちの視聴率は3%に過ぎないとの報告もなされている。
そして、テレビを視ている周囲の年配者たちからは、テレビが面白くなくなったとの声をしばしば耳にする。

実際に、日本を代表する代理店である電通もテレビ部門を大幅に縮小しているとも聞いた。
テレビが衰退期に入っていることは間違いのない事実である。

そんな状況下で当のテレビ局も実は混迷のさ中にある。
映像の品質を上げるために4KやNHKを中心とした8Kの開発が行われ、国策としてその普及に努めているが、受像機の売れ行きに思ったような伸びは無い。
画像の品質向上程度では人々の眼をテレビに振り向かせることは難しいのかもしれない。

テレビが衰退期に入った理由はいくつかある。
以前は新聞とテレビがマスコミの主流で、週刊誌なども隆盛を極めた時代がある。
人々の情報はほとんどそれらから得ていたのだが、ネットの出現でそれらのメディアが唯一無二の存在でなくなったことが、テレビ不振の大きな理由のひとつであることは周知である。

それと相まって、テレビ番組のマンネリ化がある。
テレビ業界はこれまで同業社以外に競争相手がおらず胡坐をかいていたために、斬新なソフトの提供努力を怠っていたことも事実だ。
テレビが面白くない、との声の原因がそこにある。

それに加えて、NHKを含めて各民放キー局のチャンネル数が増えたことも要因のひとつだ。
各局一斉にBS局やCS局を複数で持つようになった。

しかし、NHKで云えば聴視料、民放で云えばスポンサーからの金銭のパイには絶対額がある。
これだけ増えたチャンネルを賄うためには、番組数も大幅に多くなりひとつひとつの番組に使える制作費は当然ながら薄くなる。

制作費が高いから必ずしも面白い番組ができるという訳では決してないが、どうしても量は質を規定する面も大きい。
例えば、少し前まで1000万円で制作していた1時間の番組を、500万円で作ることになる。
いきなり質を落とすことが出来ないので制作会社は苦悩する。

これが続くと制作会社は疲弊する。
そして結局、量は質を規定するとの法則通りに、当然のことながら番組は次第に質を落としていくことになる。
質は量を規定するのである。

現在のテレビ状況はこの負のスパイラルの中にある。
テレビ番組が面白くなくなっている原因のひとつがそこにある。

これらの他にも、テレビ衰退の原因はあるが、しかし、テレビ業界で生きるボクたちは、嘆いていても何も始まらない。
活路を自ら見出さなければならない。

そのひとつが、先のブログで少し書いた、制作者が専門性を身につけることである。
このテーマならばAさんが得意だ、このテーマならBさんが、という具合にそれぞれ得意の専門分野で優れた番組を作りテレビ界に貢献し、テレビ局からの信頼を得られる作り手を用意することが大切である。
そのためには組織の拡大と安定経営が絶対条件となる。

テレビのこの混迷期にあって、苦悩しているのはひとり制作プロダクションばかりではない。
本家本元のテレビ局が最も苦しんでいる。
この状況を脱するためにどうすれば良いかを本気で模索している。

ここで、そのテレビ局とボクたち制作会社がどう向き合うかが大きなテーマとなる。
その基本が、ボクたちプロダクションがテレビ局の単なる製造工場になってはならないということである。
これがもうひとつのボクたちの活路である。

先日のわが社の経営会議でも話題になったのだが、テレビ局から頼られ相談を受ける制作会社でなければならないのではないか、ということである。
つまり、制作会社全体として局のコンサル的存在になろうとの気概と実力をボクたちが持つことである。

現状の番組制作の過程ではテレビ局の手練れのプロデューサーから指導を受けるケースも多い。
しかし、出来るだけ早くそういう状態を脱して、テレビ局のプロデューサーを凌ぐ実力をわが社の制作者が備えなければならない。
いよいよ、本物のプロの作り手を排出しなければならない時を迎えている。

そして、上質の番組を作ることだけで満足せず、斬新な企画で今のテレビを変革して行こうとの強い意志を持つ必要に迫られている。
企画力が試される。

大言壮語のように聞こえるかもしれないが、制作プロダクションの生き残る道はそれしかないとボクは本気で考えている。

      「老いぼれが 初めて本気 出そうかと」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR