ホーム   »  未分類  »  原発と核兵器

原発と核兵器


熊さん「ひとつ聞きたいことがあるんですがね。ご隠居さんは何でもご存じなんで」
ご隠居「そんなことはないがね。どうしたんだい、急に改まって」
熊さん「いえね、いっとき、節電、節電と大騒ぎしたことがありましたね」
ご隠居「そうだったな。日本中が暗くなったことがあったな」
熊さん「でも、近頃じゃあ、全く節電の声を聞きませんね」
ご隠居「そうだな」
熊さん「あの時は、日本各地にある原子力発電所が全部ストップして、電力の供給が出来なくなると
            大騒ぎしたのでしたね」
ご隠居「たしか、そうだったな」
熊さん「今も、動いているのは鹿児島の川内原発だけで、他の原発は稼働していないのに、
            電力の供給に支障が出てませんね」
ご隠居「そう云われればそうだな」
熊さん「ということは、原発が無くても本当は困らないということですね」
ご隠居「うん、電力の供給については問題があるとは思えないな」
熊さん「この前福島に行った友だちがね、放射能に汚染された土の入った袋が見渡す限り
            並べられているのを見てきたらしいのですがね。
            あの恐ろしくなるほど大量の汚染物をどうするのだろうと心配してましてね。
           あの袋も5年で風化してしまうそうじゃありませんか。
            一体、どうするつもりなんでしょうかね」
ご隠居「どうするのかねぇ」
熊さん「それに事故のあった福島原発から出ている汚染水を入れたドラム缶も毎日増える一方だし、
            大半の汚染水は海に垂れ流しでしよう。
            それをくい止める決定的な方法も見つかってはいないようだしね。
            今度、熊本でも大地震があったし、火山列島の、しかも活断層の無い所を探すのに
            苦労するほどの日本で、原発は狂気の沙汰だと思うのですがね。
            それに、例え事故が起きなくても、核廃棄物の処理問題も解決していないんでしょう?
            原発はやっぱり無理が多すぎるんじゃないですか?」
ご隠居「ところが、国はそうは考えていないようだな。
            原子力の平和利用などときれいごとを言ってるが、国の本音は安全保障だろうね。
            電力は表向きで、隠れた核保有国の形を保つことが重要なのだろうね。
            原発さえあれば、いつでも簡単に核兵器は作れるからせっかく手に入れた、その潜在的な
            権利を手放したくないのだろうね」
熊さん「それじゃ、思い切って日本が核兵器を持ったらどうです?
            危険な原発を何十基も日本各地に散在させて、日本国中を原発事故の危険に晒すよりは、
            核兵器を一か所にまとめて管理する方が、手っ取り早いし、よほど安全だと思いますがね」
ご隠居「おっと、乱暴なことを云い出すね。日本には、核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず、
            という非核三原則があるからね。
            ことは、そんなに簡単じゃない。
            それに世界は核兵器廃絶に向かっているからね」
熊さん「そんなことを云ったって、世界中に核保有国はいっばいあるじゃありませんか。
            アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン………」
ご隠居「イスラエルも実際は核保有国だな」
熊さん「北朝鮮もそうでしよう?核兵器を所有している国々はそれを放棄しようとはしないし、
            核保有国は減るどころか増えている。
            北朝鮮の暴走は恐いですぜ」
ご隠居「北朝鮮の核はアメリカからの攻撃の抑止力にしようとしていると思うな。
            政治で解決できる問題だ。
            いずれにせよ、核は人類を滅ぼす元凶であることは、世界中の人たちはすでに
            知っている筈だね。
            原子爆弾を開発したオッペンハイマー先生もあの世で反省して成仏できないだろうな」
熊さん「科学者というのも因果な商売だね。哀れなものだね」
ご隠居「日本の非核三原則は、その実態がどうであれ、建前は絶対に守らなければならないと思うよ。   
        日本が被爆国であるからということは核廃絶に向けての説得力を持つことは確かだよ。
            核に対する日本の役目はそこにある筈なんだけどね。
            お前さんが主張するように、原発の代わりに核兵器を持った方が良いのでは、という考えは
            一理あるようで、とても危険だし、時代にも逆行しているよ。
            安倍内閣が喜びそうな発想だ」
熊さん「4年後のオリンピックの際に、日本でテロが起きるのも心配ですぜ。
            世界は狭くなってますからね。
            イスラム国とやらが、原発を攻撃しないとも限りませんよ。
            軍隊が守っている訳でもないし、原発設備など無防備ですからね。
            自然災害の比じゃありませんからね。
            そういう意味でも日本は平和ボケかもしれませんぜ」
ご隠居「それは大いにあり得るな。
            でも、お前さんのように短気を起こさず、 地道に核廃絶に向けて努力をするしかないよ。
            ひとつづつ解決していくしか方法はないのだろうよ。
            核兵器ばかりでなく、ドイツのように、原発を廃止する努力をしなければいけないな。
            もっとも、お隣さんのフランスから原発製の電気を買っている、と非難する者もいるが、
            自国の原発を廃止した意気込みは、大いに評価すべきだろうな。
      まずそれが核廃絶の第一歩だろうね」
熊さん「ひとつづつですかね。もう後がありませんよ。
      福島原発だけじゃなくて、ロシアのチェルノブイリだって、事故から30年経っても未だに終息
           できないようですしね」
ご隠居「まあまあ、そう焦りなさるな。
            とは言っても、一方で、中国はどんどん原発政策を進めているし、トルコは日本が売り込んだ
            原発を取り入れている。
            安倍首相はまさに死の商人の役割を果たしている訳だな。
            経済を優先するあまりに世界の破滅に手を貸しているようだね。
            背景には、日本の原発産業界からの強い要請があるのだろうな」
熊さん「日本では、これまで禁じられてきていた武器輸出も次第に緩和されてきていますしね。
            きな臭いったらありゃあしませんぜ。
            何でも有りの乱暴な安倍政権ですからね」
ご隠居「日本の原発をどうすれば良いのかも、結局は国民の選択次第ということになる。
    本当に、 日本の国民が真剣に望むならば、原発だって廃止することが出来るはずだよ。
            目先の利益や暮らしだけに捉われていると百年の計を見失うことになる」
熊さん「へえー、百年の計ね。そんなに長生きできませんがね」
ご隠居「勿論、原発推進や憲法改正をはじめ、軍事国家への道を推し進めようとしている安倍政権の
            愚かさは問題だが、それよりも、そんな指導者を選択しているわれわれ国民にもっと大きな
            非があるのだろうよ。
    つまりは、国のかたちは国民が作るしかないということだな。
            そのためにどれだけ私たちが汗を流すかの問題だ。
    何かを手にするためには、何かを失う覚悟が必要だな。
            ふたつのモノは同時に手にすることはできないからね。
            遠回りで歯がゆい面もあるが、それが民主主義というものなのさ」
熊さん「へえー。そんなものですかねぇ。
            わたしにゃ良く分かりませんね。
           世の中というのは本当にじれったいものですね」
   

           「痛い目に 会って初めて 浮世かな」

にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
関連記事
Comment
「悪夢」
僕の幼年期は、家の主要な場所に神棚があり、その側には、天照大御神と神武天皇の絵が飾られていました。
それを置かなければ、「国賊」として「村八分」になるか、置かない理由などを口にすれば「不敬罪」で刑を受ける時代でした。
「向こう三軒両隣」は、相互監視機構でした。
神武天皇から今上天皇までの名前を丸暗記させられました。
これが先の戦争のバックボーンになっていたのです。

いま、政府も、マスメディアも、当たり前のように今の天皇を「第125代の天皇」としています。
学術的には初代の神武天皇から第9代の開化天皇までは「神話上の人物」とされているのに、です。
神武天皇は天照大御神の孫瓊瓊杵命のひ孫ですから、誰も表立って口に出しませんが、この「125代」というのも、天照大御神の存在が前提になっています。

秋篠宮家に男の子が生まれたときは、テレビも新聞も、天照大御神の存在を前提とした「万世一系」という用語を疑問もなく使っていました。

「国体」、いまでは「国民体育大会」の略語でしかありませんが、「天皇を中心とする血族団体」のことです。
ポツダム宣言受諾に際しても「国体」の維持、その中心である天皇がどうなるかが問題で、国民が飢えて死んでもさして問題ではなかったのです。

神話の上によって立っている政治的存在者は、神話の非神話化は、自分に対する政治的挑戦とみなして、徹底的に弾圧しようとします。
古事記の非神話化の過程でも、聖書の非神話化の過程でもこれが起きました。
いまは、ペスト菌のように、なりを潜めていますが、また必ず頭をもたげます。

「原発廃棄」「核廃絶」の世論喚起も重要でしょう。
でも、より根源的な部分での警鐘こそメディアの役割と思います。
どうかその面でも力をお尽くしください。
ここにもアホが
原発をとめてCO2をばらまいた結果、気候変動により食糧難になり数億の人間が死んだら、お前らが責任とれよ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR