FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  ところで、あなたの夢は?

ところで、あなたの夢は?

世の中で自分ほど当てにならず、信用できない存在は無い。

だからそんな自分を分析しても始まらないのだが、これまで、自分にとって楽しいとか、面白いと思えることだけを追い求める享楽的な人生を送ってきたので、当然トラブルも多かった。

日本テレビのディレクター時代は、自分の考えを前面に押し出すような番組を作っていた。
暴走族の取材の際には、暴走族を煽って走らせたと各新聞社にデカデカと叩かれた。

中曽根政権時代の日の丸・君が代問題や管理主義教育への批判番組を始め、スパイ防止法案の危険性を訴える番組や靖国神社の果たしている役割を太平洋戦争にまで遡り明かし、その正体を露わにする番組などを作っては、時の政権を怒らせた。

そんなことが続き、最終的には、とうとう番組を作らせて貰えなくなり、日本テレビを辞めることになった。

特別の政治的思想があった訳では決してなかった。
不偏不党が信条で、ボクが疑問を持ったり、危険だとか怪しいと感じたりする社会や政治の在りようを、そのまま番組にしていただけである。

ただ、反権力の立場をとり、野次馬精神を持って政治権力を監視することがジャーナリズムの役割であるとの確信はあった。

しかし、今から当時を振り返り考えてみれば、当時のテレビ局には、ボクのような半端なディレクターにも番組を作らせるだけの度量があった訳である。

ボクが問題を起こし、また、自民党のお偉方からの抗議があっても、それをカバーし、作り手とその言論を守ろうとの強い意志がテレビ局の上層部にあった。
ちょっと面倒な厄介者だが、もうしばらく泳がせておけ、との判断があったことは確かである。

そのおかげでボクは沢山の番組を作らせてもらえた。
当時はまだ、コンプライアンスという体裁の良い名の下で行われている報道規制も無く、ある程度の報道の自由が守られていた。

現在の政権のように、テレビ局の人事に手を突っ込むような乱暴や、報道番組のキャスターを変更させるような破廉恥な狼藉は、少なくとも無かった。

また、仮にそんなことがあったとしても、そんな干渉を跳ね返すだけの気概を新聞社やテレビ局などのマスコミ人は持っていた。
つまり、それなりの責任感と誇りを持ち、時の政権と対峙する姿勢を保っていた訳である。

残念ながらそれは、現在のジャーナリズム界が、権力の圧力に屈し、すでに手放したものである。

しかし、どうやら、当時に於いても限界があったのだろう。
ボクにとっては当たり前で普通だと思えることが許されなくなったようだった。
いつも無防備で保身の感覚など一切持ち合わせていなかったので、当然の帰結として番組を作らせてもらえなくなり、自ら会社をやめることになったのだった。

馬鹿というか、世間知らずと言おうか、享楽主義の結果というか、楽しみ過ぎたことのツケが回ってきた訳で、それはある意味、仕方のないことだった。
楽しい時間を過ごせたとの満足感があったので、一片の悔いも無かったし、テレビ局を辞めることも自然の成り行きに過ぎなかった。

そう云えばボクはこれまでの人生で一度も、決断という体験をしたことが無いことに気付く。
いつも、自然の流れの中で過ごして来た。
そして、その流れのままにオルタスジャパンを設立した。

会社の設立はそれはそれで面白く、楽しい仕事だった。
それまでの会社勤めとは異なり、不安の中にも、全く未知の世界に足を踏み入れた五里霧中の面白さがあった。

ボクの過去の行状を知る者は全員が、ボクたちの会社はすぐに潰れるだろうと予測した。
実際に、何度も危機に見舞われたが、有難いことに、その度に救いの神が現れ、命拾いして現在がある。

先日、わが社のスタッフたちと飲んでいる時、それぞれの夢の話になったが、実はボクにも密やかな夢がある。

ボクたちの会社は、設立時、わずか6名からスタートしたのだったが、スタッフが30名ほどになった頃、経営陣の間で、今後どういう規模の会社を目指すかの議論になったことがある。

少数精鋭で、現状維持で行くべきだとの意見が多数を占めたが、ボクだけがそれに反対した。
現状維持の考えは衰退に繋がるとの直感があった。

それに、30人でできることと、50人でできることとは、確実にその質が異なってくる。
量は質を規定し、また質は量を規定する。
人数を制限することで、多くの可能性ある仕事を失うリスクも高くなる。

ボクたちの仕事で、人件費の占める割合が大きいことは確かだが、過剰にそれを恐れることは、会社の発展を妨げることになる。
それに、さらに新しい多くの才能に巡り合いたいとの楽しみもある。
売上を伸ばし、番組の多様化を図るためにも、ある程度のスタッフ数が必要だと考えていた。

そして、その適数の人数をボクは勝手に70人と決めていた。
70人ならば、そのひとりひとりの行動や考えや感じ方を把握できるとの自信があった。

それから十数余年が経ち、実際にここしばらく現在まで70人を基調に増減を繰り返す形で推移している。
そして今、ボクのささやかな夢は、これを100人のスタッフに増やすことである。

たかが100人、されど100人である。
この業種でドキュメンタリー番組に特化して制作する形態での100人規模になると、その経営のやり方も本質から変える必要があることは必定で、ある意味、会社の形も変わることとなる。

ボクたちにとっては、全く未知の世界の展開となることは明らかだ。
それ相応の売り上げが必要となり、そのために仕事の形もやり方を含めて、大きな意識転換が求められる。
別の言い方をすれば、現状から脱皮するということでもある。

そして、そろそろ、その時期が訪れていると見ている。
現在の経営理念を変えることなく、その理念の下での変革がどこまで通用するのか、ボクは是非とも試してみたいと考えている。

そして、これを成功させることが、今後わが社をより永く存続させることになると強く信じている。
これも自然の流れの一環である。

ささやかだが、実行するにはそれなりの努力を要するであろうこの夢は、何としてでも実現させなければならないと思っている。

      「面白く 楽しく咲きて 桜花」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR