ホーム   »  テレビ  »  女性は常に仕事を続けるか、出産するかの二者択一を迫られる

女性は常に仕事を続けるか、出産するかの二者択一を迫られる

不覚にもインフルエンザなどにやられてしまったが、無事に復帰した。

ところで、制作部でもたくさんの女性が働いている。

結婚している者はいるが、子供を持つ親はいない。

制作現場の女性たちは、出産するとどうしても会社を去ることになる。
これまでも有能な人材が辞めていった。

特にディレクターの場合、制限勤務には限界がある。
昔のように、おじいさんやおばあさんに預けて働けるという環境に恵まれているケースは、極端に少なくなった。

結局、制作現場の女性は、仕事を続けるか、出産するかの二者択一を常に迫られることになる。

これは、番組制作という仕事に喜びを感じ情熱を燃やしている女性にとっては、人生の苦渋の決断をしなければならない、ということである。


  「出産の 適齢迎え 秋深し」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
来年は、予防接種を!
大変でしたね。
来年は、ぜひ、インフルエンザの予防接種をなさって下さいね。
社長おひとりのお体ではありませんから・・・
会社や作品を管理するのと同じように、ご自分の体を管理なさって下さい。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR