FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  清き一票

清き一票

安保法案が混乱の中、強行採決の末に大方の予想通りに成立した。
国会議員の圧倒的多数の前には、多くの国民の反対の声も届かなかった。

これが議会制民主主義のルールに従っての決定のありようだと言ってしまえばそれまでだが、ここまでの強引なやり方では、さすがに後味の悪さは拭い去りようもない。

今なお各地で若者たちを中心とした散発的なデモが行われているが、安倍政権が多くの国民の中に残した不信感は大きい。
しかし、その成立の過程がどのようなものであったかにかかわらず、いったん成立すると、その法案は力を発揮し一人歩きを始める。

この法案成立の影響力や後遺症については、ブログ「メディアの風」に詳しいので、ぜひ参照することをお勧めする。http://www.k2.dion.ne.jp/~m-kaze/index.html

日本の各政党の勢力図を見ると、必ずしも一党独裁ではないが、実際にはそれに近い形での政治が行われている。
余りにも野党勢力がだらしないことは周知だが、変な言い方になるが、与党自民党も総裁選で対立候補を立てることができないありさまで、かつての自民党に存在した自浄作用は姿を消した。

連立を組んでいる公明党も権力維持のために、変節するばかりで、当初彼らが誇りと共に持っていた筈の歯止めの役割を放棄してしまっている。

何を今さらではあるけれども、ひとつの政党の力が強大になり過ぎたことへの大いなる反省が必要だ。
こういう図を見ていると、改めて、選挙の大切さ、重要さを実感せずにはいられない。

「国籍を変えようかしら」と妻は言った。
彼女は中国国籍の朝鮮族である。
当然ながら日本での選挙権は無い。

医師である前夫と共に国からの派遣で20年ほど前に日本に来た。
夫は一年の留学の予定だったが、ひとり娘の強い意向もあり、夫妻はそのまま日本に在住することを決め、日本の永住権も得た。

訳あって離婚することになり、その後ボクと一緒になった。
ボクとは婚姻関係にはあるが、国籍が異なるので入籍はできない。

妻は今後中国に戻る気はないので、日本国籍を取ろうかどうしようかと迷っていたのだったが、国籍を変えなければならない特別の強い動機はこれまでなかった。
吉林省の大学の法科を卒業後、吉林省政府の仕事に就いていたという履歴の持ち主とは云うものの、決して政治的な人間ではない妻だが、今回の一連の日本の政治状況には感じるものがあったらしく、これまでさほど関心を示していなかった選挙権の取得に意欲を見せている。

それに何よりも彼女は日本が大好きなのだ。
「日本で働いて、日本人同様に税金を納めているのだから、選挙権があるのは当然だ。この際、日本国籍に変えることをボクも勧めるよ」と妻に言っている。

国籍を変える手続き自体はさほど困難なことではないが、その持つ意味は重い。
ある日を境にして中国人から日本人になる訳で、同時に日本に責任を負うことになる。

日本に生まれ、日本に住んでいるとごく当然のこととして選挙権があり、普段特別に意識することもなかったのだが、妻の存在でボク自身も改めて選挙権の大切さを意識することになった。

その妻も国籍を変えるという代償を支払うことで、これまで無かった選挙権という特別の権利を取得できることになる。
当たり前のことだが、この意味は大きい。

考えてみれば、どの国にも選挙権を得るために多くの国民の血が流されて来たという永い歴史がある。
選挙権は本来はとても価値ある権利なのだ。

こうして積極的な意志のもとに選挙権を手にする妻が、どの政党に投票するかなど、どのようにこれを行使するかは彼女の選択の自由だが、清き一票となることは間違いない。

      「政治家を 生かすも殺すも 票次第」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR