FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  戦後70年と「降伏文書」

戦後70年と「降伏文書」

わが社でも、この夏、戦後70年をテーマとした戦争を考える番組を制作させてもらったが、いわゆる戦争関係の報道は8月15日をピークとして一斉にその姿を消した。

量的にも質的にも、この程度の番組しか放送しないのかとの声もあれば、その一方で戦争についての番組ばかりでもう視たくないよ、との声も聞かれた。

先日、萩原猛さんが一冊の本を携えて会社に見えた。
「ようやく出版に漕ぎつけましたよ」と満面の笑みと共に差し出された本のタイトルは「日本の敗戦記念日と降伏文書」とある。

萩原猛さんは74歳。
高校を卒業後、NHKに入局。5年間勤めて退職し明治大学へ。卒業後、労働組合運動、反戦平和運動に参加。その後、中国上海に渡り生活するなどして、中国との親交を深める。

2011年に論創社から「上海今昔ものがたり」を出版している。
今回の著作が同社からの2冊目の出版となる。

日本の終戦記念日は昭和20年8月15日とされているが、本来は昭和20年9月2日にするべきだというのが萩原さんの主張である。
8月15日には天皇の玉音放送により終戦の詔書が読み上げられ、戦争を終えることが日本国民に知らされた。
一般的にはこの日をもって終戦としているが、この一方的な宣言で戦争状態の終結と決定してよいのか、との疑問を萩原さんは持っている。

実際には各地で戦争状態は続いており、関東軍がソ連軍に降伏したのは8月19日であるし、千島列島がソ連軍に占領されたのは9月1日である。
日本と連合国の間で取り決められた「降伏文書」の署名、調印が完了した9月2日午前9時8分をもって戦争終結とするべきだというのが萩原さんの主張だ。

なぜ彼はこのことにこだわるのか。
敗戦を終戦と表現し、その記念日を9月2日ではなくて8月15日にしているのには、当時から現在に至るまでの日本国政府の大きな意図が隠されていると萩原さんは考えている。

それは、「降伏文書」の存在を国民の眼に出来る限り触れないようにとの考えがあるからだと彼は指摘している。

云われてみれば、ボクの勉強不足も大いにあるが、これまで「降伏文書」の存在に注目したことがなかったし、あるいは多くの人々は「降伏文書」の存在やその内容については知らないのではないかとも思う。

事実、日本の中学、高校の教科書には、降伏文書の内容紹介の記述は一切なく、史料としても降伏文書の本文の掲載はない。
少なくとも学校教育では降伏文書は葬り去られているというのが実情であるようだ。

降伏文書の調印は、昭和20年9月2日、東京湾上米艦船ミズリー号で行われた。
日本側は重光葵外相と梅津美治郎参謀総長が署名し、次にマッカーサーが連合国を代表して署名。
その右下に、米、中、英、ソ連、豪、カナダ、仏、オランダ、ニュージーランドの代表が順に署名した。

大日本帝国天皇陛下および日本国政府の命令により、その代理として重光葵、日本帝国大本営の命令により、そしてその代理として梅津美治郎が署名したのだった。

降伏文書では「一切の日本国軍隊及び日本国の支配下にある一切の軍隊の連合国に対する無条件降伏」が布告され「一切の日本国軍隊および日本国臣民に対して、敵対行為を直ちに終止すること」が命じられた。

また、連合軍総司令官と天皇・政府の支配統治関係についての「降伏文書」第八項の規定は、英文原文では「天皇および日本国政府の、国家統治の機能は、この降伏の約定を実施するために適当であると思える措置を執ることになる連合国最高司令官の下に、隷属するものと定める」となっている。
隷属とはいかにも屈辱的な表現であるが、これが戦争に敗れるということなのだろう。

9月2日を敗戦記念日にしないのは、占領等を含む対米隷従の約定のあることを国民に知らさないためではないか。
「降伏文書」で天皇がポツダム宣言を受諾したことを国民に知らせたくないためではないか。
また、天皇も政府もマッカーサー連合軍総司令官の支配下にあることを隠したいためなのではないか、と萩原さんは指摘している。

そして8月15日は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」であり戦没者の追悼日となっているに過ぎない。
公的な「終戦記念日」としての国家の規定はないから、潔く敗北を認めて9月2日を敗戦記念日とすべきだと云う。

つい先日、萩原さんから次のようなメールが届いた。
「8月15日終戦~9月2日「降伏文書」調印は一体のものであり、国際的に日本が初めて「敗北宣言」をした内容、敗戦の結末、締めくくりを、国民が知る権利があります。先の戦争はどんな内容で終ったのか。ほとんどの国民が知らない。教室で「降伏文書」の内容を教えてこない、学ばない戦後教育(現在も教えていない)、歴史認識上の大きな問題の一つ。8月15日で、すべて終りにする世論動向、マスコミの影響が大きい。この事態を、敗戦に対する日本人の思考停止、締めくくりを考えない、その放棄と断定したい。」

萩原さんが世間には余り知られていない「降伏文書」に着眼しテーマとして取り上げたことは価値のあることだと思う。

巷間で云われる「勝てば官軍負ければ賊軍」とは云い得て妙である。
もともと正義の戦争など存在したためしはない。
戦争当事国には、両者に言い分があり、大義がある。
そして、どちらかが勝利し、どちらかが敗れる。
両者共に人命を含む大きな犠牲を残して、戦争は終結する。

敗戦国が、本当は我々の方が正しかった、などと云っても何も始まらないし、また無意味なことである。
過去の戦争を振り返り、分析することは勿論必要だが、そこから学ぶべきことは、二度と戦争をしてはならないということでなければならない。

敗北の屈辱や悔しさは当然である。
しかし、その屈辱を真正面から受け止めて直視し、再びそのような屈辱を味わうことの無い国家運営をしなければならない。

今度こそは勝つぞと戦争に向かうのでは幼稚に過ぎる。
その戦いで、どれだけの量の血と涙を流すことになるのかに思いを馳せよ。

国家間のエゴのぶつかり合いである戦争が、ひと時として地球上で起きなかった時間は無い。
だからこそ、不戦に対する硬い決意はなおさらに必要であると同時に尊い。

世界にその不戦の意志を表明し、戦争を回避するために国家のすべての力を尽くし切ることが大切である。
戦争を前提とした国家の外交姿勢は危険であるばかりでなく、愚かであることはすでに多くの事象で証明されているし、何よりも、日本はすでにそれを体験している。

列国の中に在って国力を維持し、生き抜いていくことは絵に描くようにはた易いことでないことは理解する。
しかし、何よりも平和と国民の安寧を保つことが国家にとっては最優先の事案である。

安保法案の脅威にさらされている現在、「降伏文書」をどう読み説くかはとても大切なことに思える。
戦争を放棄するとの強い国民の意思を確認するためにも彼の著作「日本の敗戦記念日と降伏文書」は一読に値すると思う。

安全保障上の同盟の名の下に、他国に軍隊を派遣し、他国の人々の生命を奪うことなど許されることではない。
それはつまり、言葉を変えれば、侵略と同じことであると云える。

日本国憲法を守らなければならない所以がここにある。

      「からくりの 人形の如し 国会は」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR