FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  安保法案と日本列島の位置

安保法案と日本列島の位置

わが社の顧問である最長老のKさんは「7月16日は戦争元年だ」と言う。
云うまでも無く、7月16日は安保法案が衆院本会議で強行可決された日である。

国会で無力な野党は院外で世論を喚起し、世論の力で廃案に追い込むと意気込んでいるが、そのようなことが可能であるとはとうてい考えられない。

ただ、その後の世論調査を見ると、毎日新聞社の17、18日の調査では、内閣支持率は35%、不支持率51%と不支持率が初めて半数を超えた。
各報道機関の調査も同様で、安倍政権の支持率が急落しているのは事実である。

そんな国民の声をよそに、安倍首相は政治生命を賭して法案成立に向けて突っ走っている。

中国の圧倒的な台頭と覇権主義によりアジアの緊張が高まっていることは確かなことであるが、だからといって安保法制が最善の方策であるとは考えられない。
同じ毎日新聞社の調査で、安保法案の強行採決については68%の人たちが「問題である」としている。
この法案が限りなく日本を戦争の危険にさらすことになるとの不安を多くの国民が抱いている証拠である。

あらためて地球儀を見ると、地球は丸いから中央も無ければ端も無いのだが、日本列島の東側は隣国のアメリカまで広い太平洋に占められているので、平面図にしたヨーロッパを中心に描かれた世界地図では、日本は各国から見てアジアの東の端に位置していることを実感する。
極東とは云い得て妙である。

歴史学者の網野善彦さんではないが、地図を逆さまにして見るまでもなく、日本海はまるで湖のように感じられる。
中国やロシアそれに韓国や北朝鮮からすると、本来ならば開けている筈の太平洋への入り口を日本列島がぐるりと塞いだ形なので、ずいぶん邪魔な存在で、眼ざわりだろうとも思える。

だからなお更、これらの国々とは争い事を避け、協調関係を保つ努力が必要なはずである。
特に、中国の強硬な覇権主義に対しては、朝鮮半島との友好は必須となる。

安保法制より以前に、韓国とは勿論のこと、政治体制の異なる北朝鮮との関係修復も大切だ。
北朝鮮とは外交上は休戦状態にあり、日本とは国交が断絶しているし、未解決のままで進展を見せない拉致問題がその関係をより複雑にしている。

ところで、先日、北朝鮮に詳しいAさんの15年振りの来訪を受けた。
今年45歳になるAさんはアジア学の研究者で、北京に拠点を置き、この18年間北朝鮮を記録し続けてきた人物である。

彼は、学者なので出来る限り客観的な観察を心掛けて来た。
金正恩体制になり3年が経過したのをひとつの機に、一段落をつけ、そろそろ北朝鮮に関する研究論文を完成させたいと考えている。

Aさんは冷戦体制の崩壊後も、カリスマと言われた先代二代の指導者であった金日成、金正日の死去後も、北朝鮮が社会主義体制の国家として存在し続け、社会もたいした混乱なく機能している事実に注目している。

二千万人を超す人口を抱える北朝鮮が暴発することなく生きているには、それなりの社会のシステムが存在すると見ている。
そのシステムとは如何なるものかを、人口250万人の平壌という都市国家と地方という異なる次元の二段構造で機能させているのではないかとの仮説を立てている。

Aさんは、平壌での携帯電話の大いなる普及が新時代を拓いていると云う。
携帯電話がもたらした社会現象は社会主義経済の枠に閉じ込められてきた人々に個性化のライフステージの扉を開く役割を果たしたと見る。

高級消費財やデジタルカメラ、そして新しく登場した公共サービスとしてのタクシーは新たな消費者を誕生させてもいる。
そして、非国営経済の台頭により、自由経済の参加者が国営の企業よりも多くの利益を生み出し始めており、例えて云えば平壌はいま、自我に目覚めた青春期を迎えているのだとAさんは見ている。

Aさんがこれまで記録して来た取材映像の一部からも、それらの事実がみてとれる。
やがて崩壊するであろうとのこれまでの北朝鮮に対する見方をあらためて見直す必要があるのではないかというのがAさんの考えである。

ボク個人としては、北朝鮮のように国家が国民を統治するという独裁政治の社会で生きたいとは思わない。
国家は国民のために存在しなければならないという原則を尊重する。

だから、民主主義を謳いながら国家主義を強め、社会の公器であるべきマスコミに介入し言論を封殺する安倍政権に強い憤りを感じるのだが、日本に直接の脅威をもたらさない限りは、社会主義が北朝鮮とその国民の選択する道であるとすれば、ボクたちが干渉し、ただただ排除すべきではないと考える。

むやみに敵対視するばかりでなく、国家体制の違いを認め、それに相応しい外交を展開すべきである。
中国の覇権主義の脅威が増せば増すほどに、隣国である韓国、北朝鮮との友好は益々重要になるからだ。

1979年にベトナムは、当時ポルポトが支配していたカンボジアに侵攻し、首都プノンペンを制圧した。
ポルポト派はタイの国境地帯に退きゲリラ戦でこれに対抗するという時代がしばらく続いたことがある。
その際、タイ政府は、国境地帯のポルポトを密かに支援した。

反共のタイ政府が過激な共産主義者であるポルポト派をなぜ助けたのか。
それは、同じ社会主義であるベトナムの脅威からタイを守る防波堤としてポルポト派を利用したからだった。

中国の脅威からの防波堤として韓国、北朝鮮を捉えるのはいかにも不遜だが、そういった要素は間違いなく存在する。
勿論、中国とも敵対するのではなく、友好の道を求めるのが筋であることは云うまでも無い。

それぞれエゴに満ちた政策を模索する各国との外交は、絵に描いた餅のように簡単ではないことは百も承知だが、まず戦争ありきではなく、友好を求める大原則に日本の生きるべき道を求めなければならないのではないか。

   「夢だよね 地球のように まん丸は」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR