FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  平気で生きること

平気で生きること

ボクが敬愛する作家で脚本家の早坂暁さんは、今年で86歳になられ、益々お元気だが、かつて若い頃にガンを宣告され、死の淵に立たされるという体験をされた。

さすがの早坂暁さんも、ご自身の死を前にして深く悩み彷徨われたとの話をお聞きしたことがある。
そんな時に出会ったのが、正岡子規の病床日記「仰臥漫録」で目からウロコだったという。

正岡子規は、肺結核から脊椎カリエスを発症し、寝たきりの闘病生活を送った。
子規の背中や腰にはいくつもの穴があき、膿が溜まった。

看病にあたった妹の律がその膿を拭きとるのだが、その際の痛みは尋常ではなかったようで、余りの痛みに耐えきれず、痛い、痛いと叫ぶ声が、子規の住んでいた根岸の住居から、遥か遠くまで響き渡ったという逸話まであるらしい。

「仰臥漫録」はそんな子規が病床で書いた日記で、日々の食事の献立から、病苦のさまや、家族への不満など思うがままを赤裸々に記したものである。

実は、この「仰臥漫録」に出会う前に、早坂さんはフランスの思想家ジャン・ジャック・ルソーを日本に初めて紹介した自由民権運動の指導者であった中江兆民の著作「一年有半」に救いを求めておられたと云う。

中江兆民も喉頭ガンで余命一年半と宣告され、それなら残りの命がある限り、思い切って生きようと「一年有半」を著した。
その内容は、社会評論、人物評論、文学論、人形浄瑠璃観劇の感想など多岐にわたり、思っていることや考えていることを書いたものだ。
死を前にしての中江兆民の見事な生き方と相まって、この書が大反響を呼び、当時ベストセラーズとなった。

ガンの告知を受けた早坂暁さんは、ご自身の言葉を借りれば『この「一年有半」を杖がわりにしてわが死と対決し、突破しようとする算段だった』が正岡子規の「仰臥漫録」に見事打ち砕かれてしまったと云う。

中江兆民と同じような病状にあった正岡子規は、「評は一言で盡きる。平凡浅薄」と中江兆民を斬って捨てていた。
「仰臥漫録」で「生命を売物にしたるは卑し」とも。

子規が死の二日前まで書き綴った凄絶な随筆集「病床六尺」がある。
その中に「兆民居士が一年有半を著した所などは死生の問題に就いてはあきらめがついて居ったように見えるが、あきらめがついた上での天命を楽しむというような域には至らなかったと思う」とある。

余りにも深すぎて理解しがたいが、中江兆民は病に苦しみ、しかし、その苦しみに耐え、さらにそれを突き抜け、残りの人生を命ある限り生き抜こうとしている、しかし、兆民よ、お前はそこまでだろう、そこから楽しむという域にまでは達してはいないだろう、それじゃ駄目だよ、と子規は云ったのだろう。

さらに「余は今迄禅宗の所謂悟りといふ事を誤解して居た。悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違いで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きていることであった」と語っている。

なるほど、早坂暁さんの目からウロコの秘密はこんなところにあったのか。
理屈では分かっても、いざ現実となると体感することはなかなかに難しそうである。
切実に死と向き合った者にしか見えない世界に違いない。

その後になって、早坂さんのガンの告知はなんと医者の誤診であることが判明した。
危うく命拾いされた訳だが、強烈な臨死体験をされたのだった。

いま、早坂さんは、その時の臨死体験を含め「死」をテーマとした著作に取り組まれている。
そろそろ脱稿間近とも聞いているが、早坂さんの並はずれた精神力と透徹した眼から著される「死」とはどういうものかとても楽しみにしている。

      「悟りなど 金庫の奥に カギを掛け」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
聖書的観点から・・・
聖書をいじくっている関係で、お邪魔します。
聖書は、もともと「死」は「、」で、「。」ではないとしていますが、「苦痛の問題」としては、「ヨブ記」という書物が旧約聖書の中の一冊となっています。

その「ヨブ記」から現代医学が学んだことが、下記のスパイラスです。

「肉体的苦痛」(ファントムペイン[原因不明の痛み]を含む)➡「心の痛み」(孤独感・不安感・焦燥感・絶望感)➡「社会的疎外感」(神にも、人にも見捨てられた)➡「生きていることの意味の喪失」➡「肉体的苦痛」➡このスパイラルで、次第に深みに入っていきます。

「心の痛み」から先になると、治療が難しいので「肉体的苦痛」の段階で止め、その先に進まないようにするのが現代の名医のようです。痛みを止める薬品もたくさん出来ています。

この苦痛の結果、ヨブが達したところは、
「キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。」という覚悟において生き続けることでした。(ヨハネ第一書三・一六)。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR