FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  ある老放送作家の悩み

ある老放送作家の悩み

「長生きしてね」が妻の口癖である。

ボクとの年齢差がいささか大きいので、気になるらしい。
そして「お墓はどうすれば良いのかしら」と続き、「遺言書を書いておいてね」で終わる。

ボクは根っからの浮草で、財産などとはからっきし縁が無く、カバンひとつあれば、いつでもどこへでも移り住むことができる。
だから、遺言書を書くのはよいが、書いたとしても遺すべきモノがないので、ほとんど遺言書の体をなさない。

いずれにしても、ボクの死が、妻にとっての大きなテーマであるらしい。
確かにお墓をどうするのかは、残される者にとっては重要なことなのだろう。

近頃では、樹木葬をはじめ散骨など自然葬も多いようだ。
ボクの生涯の友であった馬渕直城は、散骨を希望していた。
遺族たちは彼の第二の故郷であるカンボジアのトンレサップ湖で小舟を仕立てて、その骨を撒いた。

ボクなどは、自分が死んだ後の骨の始末などどうでも良いことのように思うのだが、実際は、どうやらそういう簡単なことでもなさそうである。

先日、放送作家のHさんが会社に遊びに来られた。
Hさんは今年83歳になられる。
すでに現役を引退され、今では悠々自適の日々を送られている。

囲碁を楽しみ、ピアノなども習っておられる。
暑い季節には、軽井沢のはずれの別荘で過ごされ、何不自由のない暮らしで、傍目からは何の悩みもないかのように見える。

しかし、Hさんは、実は大きな悩みを抱えておられる。
それは、お墓の問題である。

Hさんには2人の娘がいるが、共に嫁いでいる。
すでに50歳を過ぎた上の娘には子供が1人いるが、これも女である。
下の娘夫婦に子供はいない。

Hさん自身も女系家族で、男の兄弟がいない。
東京の谷中にH家代々の墓があるのだが、Hさん夫妻を最後として、この墓を守って行く者がいなくなる。
いったいどうすれば良いのか、というのである。

すでに、10年ほど前から、ボクはこの悩みを聞かされていた。
娘に養子をとらせれば良かったと悔やんでおられた。
しかし、恋愛結婚したその相手も長男で、向こうの家を継がなければならず、その願いも叶わなかったようである。

そう云えば、ボクは3人兄弟で、弟と妹がいる。
ボクが故郷を逃げ出したので、否応なく弟が本家の家屋敷を継いでいる。

妹は嫁ぎ、弟には2人の娘がいるがすでに嫁ぎ、他家の人となっている。
小田家代々の墓も守り手がいなくなる。
ボクはたいしたことではないと思っているので、弟が今後の対処についてどう考えているかを確かめたことはない。

恐らく、こういった例は多いことだろうと思う。
かの天皇家でも世継ぎで苦労している様子である。

現在の一夫一婦制では、昔のように家名を代々無事に受け継いでいくことは難しいのだろう。
特に家父長制の日本社会ではさらにそれは困難なこととなる。

ボクにとってはどうでも良いと思えるお墓だが、Hさんが真剣に悩まれる気持ちや考えは、ある程度は推測できる。

代々のお墓を守り続けて行くことは、つまり家系を絶やさないということであり、それは深くその家のアイデンティティーに係わる重大事である。
家系図と同様、お墓にはその家の歴史が刻まれている。

それぞれの家には、それぞれの家訓や教えなど独自の文化があり、その文化を守り、次に伝えて末永く代々の家系を継いでいくことは、それなりの意味があるだろう。
それを自分の代で終わらせることに、重い責任を感じるのは自然なことかもしれない。

「なぜ人は生きるのか」などという難しい設問があるが、簡単に言ってしまえば、人は子孫を残すために生きるのであり、それ以外の理由は無いはずである。
これは、この世に生を受けたすべての生物共通の原理で、つきつめれば、種の保存以外に生物生存の理由はない。

自分をこの世に存在させてくれた気の遠くなるような祖先の代々の営みを自分の代で絶やすことは本来は許されないことである。
だから人はお墓という記念碑を作り、自分を生み出してくれた祖先に感謝し、さらに次の代に伝えて行くことを肝に銘じる。
その意味では、Hさんの悩みはとても自然の理にかなっている健全な人間本来の自然の姿である。

しかし、俯瞰で見れば、実際にはHさんのDNAは2人の娘に受け継がれ、彼女たちを通して次の代に引き継がれて行くことを考えれば、それほど悩むことでもない。
すでに種の保存の役目は立派に果されている。

ボクたち多くの町人や農民の子孫にとっては、どうせ家名など、明治時代以降に与えられたものであることを考えれば、気も軽くなろうというものだ。
しかし、こういう考えをするのも、ボクが浮草である故かも知れないとも思う。

Hさんは、生き字引の言葉通り、とにかく博識な方である。
これまで、ボクが何かを聞いて分からない、ということはなかった。

「いや、詳しいことは分かりませんがね………」という前置きがつくのだが、いやはや、実に詳しくご存知なのだ。
世の中の成り立ちや仕組みをその原理原則から現実の形までを良く理解されている。

それだけなおさら、出口がなく、解決方法の見つからない難問に深く悩まれているのだろう。
Hさんと食事をご一緒しながら、慰める術もなく、ボクは何でもないように笑いながら、ただただ明るく振る舞うしかなかった。

      「馬鹿のよに 笑いとぼけて 死を語り」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


関連記事
Comment
人材育成の要
以下引用部分、人材育成の視点として欠かせないと思いました。
「物事がスムーズに進んでいる時には何の問題もない。
しかし、どんなに注意していても、失敗やトラブルは必ず起きる。それはある意味仕方のないことで、ボクはこれまでスタッフの失敗に対してその責任を問うたことは一度も無い。
問われるのは、トラブルが起きた時の対処にある。包み隠さず、上司に報告し、そのトラブルから逃げないことが大切である。嘘は必ず次の嘘を生み、ますます事は大きくなることは必定である。」
教育者にとっては、自身にもそして子どもにも肝に銘じるべき言葉と受け止めました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR