FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  「言葉の貯金箱」を読みました

「言葉の貯金箱」を読みました

「言葉の貯金箱~私の読書ノートから~」というタイトルの小冊子が送られてきた。

送り主は、この本の編者である木村聖哉さん。
木村さんは、1940年中国・大連生まれで、大阪労音事務局、話の特集編集室などを経て、フリーになられた。

著書に「添田唖蝉坊・知道」「竹中労・無頼の哀しみ」「むすびの家物語」句文集「我は何の木」などがある。
著述業のかたわら結純子ひとり芝居「地面の底がぬけたんです」のプロデューサーもされている。

木村さんとは、亡くなられた、ばばこういちさんから紹介されて以来40年ほどの付き合いである。
とにかく根っからの自由人で、その飄々とした生き方は堂に入っている。

木村さんは、これまで本を読んで、インパクトのある言葉に出会った時に、赤線や青線で棒線を引き、読了後にその文章をノートに抜き書きしてきたという。
このノートを「言葉の貯金箱」と名付けたが、20数年続けるうちに、ノートも大分貯まった。
こんな素晴らしい言葉を自分だけで独り占めするのはもったいないと、彼は多くの言葉の中から取捨選択して友人・知人にプレゼントしようと思い立ったというのである。

こうして出来上がった小冊子には、約600ほどのフレーズが収められている。
ボクはボクで、そのほんの一部だが、紹介しようと思う。

人類から愛国主義者をなくすまでは、平和な世界は来ないだろう(バーナード・ショー)

実質が空洞化すると、幻想が肥大化する(森毅)

品行は少々悪くても構わないが、品性が悪いのはいけない(小津安二郎)

日本のいわゆる発展は終わりで、あとはよき停滞、美しき停滞をできるかどうか。これを民族の能力をかけてやらなければいけない(司馬遼太郎)

所有とは窃盗である(プルードン)

政治家は悪人でなければできない仕事だ(鳩山威一郎)

日本人は教育を重視する国民ですから、だれでも試験の前には一生懸命勉強します。でも長い人生で一番難しい試験、厳しい試練は愛する相手を失うときと、自分自身の死に直面することでしょう。そのための教育は今一切ありません(アルフォンス・デーケン)

一日に一回は笑いなさいよ、笑わないと損だよ(淀川長治)

国が滅びるとき、あるいは国家を滅ぼすとき、必ず“愛国的な愚者”が権力の座にすわります(司馬遼太郎)

労働運動も言論界も駄目になり、残っているのは分散した形での小さな市民の集まり、市民運動だけです。個々の運動は小さくても、無数にあればつぶされない(加藤周一)

たぶん私たちがほんとうに困った時に、助けてくれるのはけっして経済的に余裕のある人でもなく、権力者でもないのです。それは、苦しみと悲しみを知っている人、なのです。(曽野綾子)

政治家というものはね、死ぬまでウソをつくんだよ(岸信介)

貧しくないといい絵は描けません(田中一村)

「はじめにいのちありき」であり、最後に守るべきものもいのちです。いのちに国境なしです(澤地久枝)

ナショナリズムっていうのはなくならない。だから何をナショナリズムの根拠にするかっていうとき、軍事力より日本語とか京都の街並みのほうがいいと思う(加藤周一)

世の中簡単に変わらないですね。じゃあどうすれば面白くなるか。自分が変わることです。自分が変われば、世の中が面白くなる(養老猛司)

愛国心とは、ならず者の最後に頼る手段である(サミュエル・ジョンソン)

憲法9条を改めたら、アジアの国の民衆の怒りと不信は、10倍にも強くなる。9条改定は、国内問題ではなく国際問題なのです。それを知らない日本の二大政党は、井の中の蛙でしょうね(日高六郎)

平和主義はいま流行ではありません。しかし絶望する必要はありません。冷静に自分たちの仕事を続けていけばいいのです。そのとき使い古された言葉ではなく、新しい言葉を探すことが大切です(スベトラーナ・アレクシェーヴィチ)

ぼくらの暮らしと 企業の利益とが ぶつかったら 企業を倒す ということだ ぼくらの暮らしと 政府の考え方が ぶつかったら 政府を倒す ということだ(花森安治)

非武装は危険と云うけれど、それでは武装していれば安全かと反問すると、安全という人はいない(佐橋滋)

歴史は反復する、一度目は悲劇として、二度目は茶番として(マルクス)

みなさん、これだけはお願いしたい、いいですか、憲法は変えない方がいい。守ってください。二度と戦争はしちゃいけないんです。僕は憲法ができたいきさつは知っているんです。あれは翻訳だ。日本語じゃない。それでも憲法は変えちゃいかんのです。(宮沢喜一)

現実を批判するのは現実ではない。現実を批判するのは理想だ。理想だけが現実を批判できる(矢内原忠雄)

そんなに情報集めてどうするの そんなに急いで何をするの 頭はからっぽのまま(茨木のり子)

はじめにおわりがある。抵抗するなら最初に、抵抗せよ(むのたけじ)

木村聖哉さんが20数年間、無数の言葉の中から、青線や赤線を引き続け選んでこられた幾千にも及ぶであろう言葉群から、さらに厳選された約600の名言集である「言葉の貯金箱」。
無礼にも、その何からいくつかのフレーズをボクが勝手に紹介させていただいた。

恐れ多いことだが、「言葉の貯金箱」を読ませていただいて、そのひとつひとつのフレーズは、もともと木村聖哉さんの言葉ではないのだが、読み進むうちに、木村聖哉さんの考えや感じ方が次第に伝わって来ることを感じていた。

これまで理解していなかった木村さんが見えて来たのだった。
それを、ボクが紹介したわずかの言葉では、とても伝えることは不可能であることは承知だが、その断片でもと思って紹介した。

ボク自身、「言葉の貯金箱」に触れることができて、とても勇気をいただけたと木村さんに感謝している。

   「新しき 言葉見つけて 心射る」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR