FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  ある常務取締役の退任

ある常務取締役の退任

Mさんから突然の電話が入った。

お元気ですか?とのボクの挨拶もそこそこに「ご報告なんですが……。3月に行われる株主総会で退任することが決まりましてね。」とのMさんの、いつもにも増して元気の良い声が、響いた。
「え!」とボクは絶句した。

Mさんは大手新聞社のグループ関連企業の常務取締役に就任して、まだ1年しか経っていない。
60歳を少し過ぎた年齢で、つい先日、若い奥さんと再婚し、そのお披露目のための、盛大な結婚披露宴のパーティーを開いたばかりでもあった。

「まあ、良いのですよ。これで僕も映像関係の仕事からは離れることになりますが。」と云う。

「次の行き先は決まっているのですか」とボクは聞いた。
「いやあ。でも大体当たりはついていますが」と、その声はどこまでも明るかった。

その明るい声の正体は定かではなかったが、必ずしも、本社に急きょ栄転するなどの明るい未来を約束された内容ではないであろうことは、その口ぶりから推測することができた。

Mさんには、これまで色々と世話になった。
何度も仕事をご一緒させていただいた。
仕事がらみとは言え、楽しいお酒も飲んできた親しい間柄である。

とても真面目で、常に新しいことに挑戦するファイターだが、正直、器用な生き方ができる方ではない。
それにしても、余りにも突然の人事異動の知らせには驚きを隠せない。

つい、先日も、これから到来する4K時代に対応するための、何回目かのミーティングをしたばかりである。
意欲的な動きの翼をいきなり折るような、そんな彼の異動に思えた。
組織の常とは言え、その冷酷な一面に触れて、ボクの気持ちも沈む。

大組織の中で、自分の意思を貫きながら、上手に泳ぎ切ることは至難の業では無い。
Mさんと同じグループ企業のテレビ局で、トップに近い地位まで上り詰めたSさんが、酒を飲みながら、しみじみと言った言葉を思い出す。

「私などは、若い頃の仲間からは裏切り者と思われています。出世のために変節したと。それも自分で選んだ道だし、他の選択肢があったのか難しいのですが、それでもやはり悔いのようなものは残ります。そろそろ、私も任期を終えて局を卒業しますが、卒業後は、罪滅ぼしではないですが、少しは社会に貢献できるような何かをしたいと考えています」

大組織の中で、生き抜くためには、ある場合は仲間を蹴落とさなければならないこともあったのだろう。
変節もしなければならなかった。
その能力や才能もさることながら、権力闘争や出世競争を勝ち抜くためには自分自身を欺くことも必要だったのだろう。

Sさんは志を持った良心的で立派なテレビマンである。
それだけ余計に、自らのテレビ人生に対する後悔の念がつのるのだろう。
それが宮仕えのつらさであり、厳しさなのだろうか。

幸いなことに、ボクなどは、もともと落ちこぼれで、およそ出世競争などとは無縁のテレビ人生を送らせてもらったから、そんな喜びや悲しみにも、また無縁である。

ただ番組作りが面白く、夢中で制作し、不徳の至りで、制作することが許されなくなくなったので、40歳を過ぎてから、テレビ局を去り、プロダクションを設立した。

親方も日の丸も無いので、資金繰りなどの、また別の苦労はあるにはあるが、仕事上での罪悪感や悔いというものだけは全く無い。
その点は実に自由である。
自分に対して、気楽に死んでいくことができる。
それだけでも、ボクたちは幸せである。

Mさんの落ち着き先が決まり、再び、楽しい酒が飲むことができればと願っている。

      「若き日の 乱暴狼藉 アウトロー」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR