FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  作家・西村眞さんとの会食

作家・西村眞さんとの会食

路地が金木犀の甘い香りで溢れる季節になった。
この香りが漂うと、いかにも秋の訪れを実感する。

先日、作家の西村眞さんから久々の電話をいただいた。
「しばらく、本の仕上げで籠っていたもので、ご無沙汰してしまいました。一冊目をやっと出版にこぎつけました。二冊目は来年の初頭に出す予定です。そんなことで、一段落しましたので、よろしかったら食事にお誘いしようと思いましてね」

西村さんは、一年に二度か三度、ボクたち夫婦を招待してご馳走して下さる。
ボクがご馳走にあずかるこの世で唯一無二の方なのである。

数日前、放送作家の羽柴秀彦さんがフラリとお見えになり、昼飯に蕎麦をご一緒したが、その際、「勧められて今読んでいるこの本が面白くてね」と見せてくれた本があった。

桐山桂一という方が書かれた「呉家の百年 呉清源とその兄弟」というタイトルの本で、囲碁の大家として著名な呉清源氏の伝記である。
中国と日本の政治の裏面史が描かれていて、博識、博学の羽柴さんを唸らせるほどの本であるらしい。

それを思い出して会社の近くの本屋に行った。
在庫が無くて注文したのだったが、その際、平積みになっている「ボスの遺言」という本が偶然眼に入った。
著者に西村眞とある。
ああ、これが西村さんの新作だと早速買い求めたのだった。

「ボスの遺言」は 昭和57年(1982年)2月8日の火災で33人の死者を出した東京・赤坂のホテルニュージャパンが、まだ健在だった昭和48年頃のホテルニュージャパン775号室で繰り広げられた、無頼の出版社社長を中心とした、川内康範やロッキード事件の小佐野賢治を思わせる怪人物たちや、右翼、政治家の大物たち、当時世間を騒がせた興行師たちが入り乱れて登場する痛快無比の物語である。

バブルからその崩壊の時代をいっきに駆け抜けた男の生と死のドラマである。
それは西村さんの実際の体験を綴ったもので、当人によれば80%が事実に基づいているとのことである。

背表紙の作者紹介には、西村眞、1939年生まれ。大学在学中に取材記者として雑誌の世界に足を踏み入れ、パリで発行されていた「LUI」日本版編集長を皮切りに、半世紀にわたり十誌を超える媒体の編集長として活躍。短期間で記録的な部数に育て上げた「BIG tomorrow」や「SAY」、「百楽」などは、いまや伝説的メディアとなっている。2009年「東京哀歌」で作家デビュー、とある。

「ボスの遺言」が二作目ということになる。
先週、その西村眞さんにご馳走になったのは、銀座並木通りのフランス料理店「エスキース」だった。

日本人女性と結婚したというフランス人シェフが挨拶にもみえたが、日本で云うところの懐石料理のようなフランス料理で、とても優しく繊細な味を楽しませていただいた。
フランス料理と云えばソースがこってりしたイメージがあったが、そんな既成概念を覆すような新鮮さがあった。
だしなども凝っていて、鴨を半年かけて乾燥させ、鰹節のようにしてからとったものだ、などの説明があった。

日本料理などもそうだけれど、フランス料理は特に能書きが多い。
確かに、説明されなければ分からないのだけれど、正直、自由に味わわせてくれ、という気にもなる。
しかし、一人数万円もする高級料理であるから、それくらいの説明は必要なのかもしれない。

プルミエ・メートル・ド・テルという難しい肩書の名刺のお店の人によれば、日本のフランス料理の歴史はまだまだ浅く、昭和39年の東京オリンピックの時に、日本人が本格的にフランス料理に目覚め、フランスに料理の勉強に出かけ始めたという。
「まだまだ、その一世の人たちが頑張っていますが、二世、三世と次の世代にならないと日本のフランス料理も一流にはなれません」ということだった。

西村さんはワインにも詳しいが、いかにも食通で、和食も含めて銀座界隈だけでなく、色んな一流のお店の情報にも精通している。

西村さんによれば、フランス料理で有名なマキシムは、松坂屋や大丸、TBSが株を持ち合っていたが、経営が思わしくなくてお店を売ることに決めた。
マキシムはフランスの有名店だが、日本では、高級料理店マキシムを利用するような客は、80歳代後半か90歳代と高齢な人たちばかりで、誕生日や家族会で利用しても、次の利用はいつになるか分からない。
預かっているお酒の量だけでも膨大であるらしい。

そんな訳で、なかなか買い手がつかなかったところ、いくつかのマンションを持っている不動産屋がこれを買うことになり、無事に契約も終えた。

ところが、マキシムの名前を使用する権利はピエールカルダンが有していて、ピエールカルダンは大手デパートやテレビ局ならば問題ないが、一介の不動産屋になどやらせることは許さん、ということになり、ねじれにねじれているということだった。

エスキースのお店の人も「良くそんな業界の裏事情までご存知ですね」と驚いている。

さすがはフランス料理界の伝統は、客のその服装や食べ方だけではなく、経営する方も簡単ではなさそうである。

      「仏料理 そこのけ味のけ マナーが通る」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR