FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  朝日新聞社の社長謝罪問題

朝日新聞社の社長謝罪問題

朝日新聞社が相次ぐ誤報報道で大揺れに揺れた。
9月11日には、木村伊量社長が謝罪会見を行うという異例の事態も起きた。

今さらながらだが、その中味とはこうである。
東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した「吉田調書」について朝日新聞が掲載した5月20日付の記事を取り消し、東京電力と読者に謝罪したというものである。
この「吉田調書」は政府が非公開としていたもので、朝日新聞社が政府に全文公開せよと迫るための記事だったようである。

木村社長によれば、その掲載記事の内容は「東日本大震災4日後の2011年3月15日朝、福島第一原発にいた東京電力社員の9割にあたる、およそ650人が吉田昌郎所長の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発に撤退した」というものだった。
しかし実際には、「命令違反で撤退した」とは必ずしも言えないことから「命令違反で撤退」の記事を取り消したものである。

もうひとつの謝罪は、従軍慰安婦の検証記事で、韓国・済州等で慰安婦を強制連行したと証言した吉田清治氏の証言を虚偽として記事を取り消したが、「訂正が遅きに失した」として謝罪したのである。

ところで、先週、12日、金曜日のテレビ朝日の報道ステーションを何気なく見ていたら、古舘伊知郎キャスターが「大きな間違いを犯した」と真剣な顔をして謝罪していた。

鹿児島県の川内原発の、安全審査の審査書決定に関する9月10日の報道で、原子力規制委員会の田中委員長の記者会見のやりとりに関し、誤解を招くような意図的な編集があったことを認め、謝罪していたのだった。

テレビ朝日は朝日新聞系列であるが、11日には、報道ステーションで、朝日新聞社長の謝罪会見を受け、特集を組んでいた。その点は潔い。
こういう事件や事故は、注意していても連鎖的に起きるものらしい。

その他にも、実際に取材を行わず、ホームページに掲載されていた文章を転用して、さもインタビューしたかのように装うなどの事例も発覚している。

これら一連の、朝日新聞の不祥事については、構造的な体質と見る向きもある。
新聞社の奢りと云う人たちの話も聞く。
誤報ではなく、意図的なものであるとの論調も耳にする。
さて、ボクたちはどう考えるべきか。

どこからどうみても、今回の朝日新聞社の報道の在り方は弁護できるものではない。
なぜなら、事実の検証が十分になされていないばかりか、場合によっては、意図的に歪曲している可能性もあるからである。

この件では朝日新聞は世間と闘うことはできない。
正直、弁解の余地はないだろう。
しかも、いかにも幼く稚拙と云える。

事実はあくまでも事実として正確に報道する義務を報道する者は持たなければならない。
これは当然のことである。
これはすべての報道に関する曲げてはならない原則論である。

新聞社を含めて、マスコミの最大の役割は、権力のチェック機関としての機能である。
場合によっては、反権力の立場をとることにもなる。
別の表現をすれば、時の政権を含めた、公権力に立ち向かい、ケンカを売ることもある訳だから、自らに弱みを持つことは避けなければならない。

今回のように、事実の検証が曖昧な記事はそれこそ命取りになる。
特に原子力政策は国家がどんなことがあっても推進したい事業案件であり、慰安婦問題は現政権が歴史から抹殺したいと切望している出来ごとである。
いずれも国策に絡む重要な案件である。

慎重に臨むべきこれらの案件に関する報道で朝日新聞が返り討ちにあったことは、単純に、朝日新聞社の痛手に留まらず、地道に運動を続けたり、訴え続けたりしている多くの団体や人々にとっても大きなマイナスを与えた。

朝日新聞社が国民に伝えようと考えた内容や方向性は理解できる。
権力のチェック機関としての自負や責任の意識も分かる。
しかし、その基本となる記事が揺らぐようではお話にならない。

しかし、一方で、そんな朝日新聞を盛んに叩いている他の新聞社やテレビは、本当にその資格があるのかは疑わしい。
時の権力に擦り寄り、へつらうことで現在の立場を維持しようとすることは、権力のチェックというマスコミのもっとも大切な使命を放棄しているばかりか、大きく堕落の道を歩んでいるとしか思えないからである。

ボクたちも小なりと言えども、いやしくもマスコミの端っこで生きている身である。
同じジャーナリズムの世界で働く者として、朝日新聞社の今回の報道の過ちは決して他人ごとではない。

余りにも稚拙で幼い報道の仕方で自滅した朝日新聞社のすべてのスタッフに初心に返っての再起を望むが、ボクたちも日常の取材や制作に当たって、改めて自らに、自らを律する強い自覚を持たなければならないとの意を強くしている。

ボクたちは常になぜ自分たちがこの仕事をしているのかという原点を忘れてはならないし、いつもそこに立ち返らなければならないのである。

      「入社した あの日も同じ テレビかな」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR