FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  故・馬渕直城とその妹の愛

故・馬渕直城とその妹の愛

生涯の友であった馬渕直城のことについては、ことあるごとにこのブログで書いてきた。

彼は、1975年、カンボジアの首都プノンペンがポルポト軍によって陥落する時の様子をカメラに収めた唯ひとりの日本人カメラマンである。
カンボジアにおけるベトナム戦争の終焉のまさに歴史の瞬間に立ち会えた幸運な星の男だった。
以来、30数年、彼はジャーナリストとして、カンボジアの動向をウオッチングし続ける人生を送った。

その馬渕は2年半ほど前に不慮の死を遂げた。
そして、その兄を終生慕い、物心両面で支え続けた妹の典子さんも、彼の後を追うように、2ヶ月ほど前に病のために亡くなられた。

ボクは、どういう縁か、馬渕の母親、妹2人とそれに本人の計4人の馬渕家のひとたちを見送るという結果になった。
女優の馬渕晴子さんは彼のいとこにあたるが、馬渕直城の直径の家族としての、馬渕家は絶えることになる。

先日、亡くなられた馬渕の妹の典子さんの御亭主の中村久男さんから、突然、会いたいとの連絡があり、新橋汐留のシティーセンタービルの42階の見晴らしの良い料理屋さんに招待された。
中村久男さんとは、馬渕家の葬儀で、2~3度、顔を合わせた程度で、特別に親しい間柄という訳ではなかった。

「実は、義兄の直城さんについての話をお聞かせ願いたいのです。妻の典子からも義兄のことを余り聞いていないし、生前の義兄のことを私はほとんど知らないのです」と久男さんは云った。

夫である自分と義兄とどちらの方が大切なのか、と妻の典子さんに問うたことがあると、冗談交じりにではあるが久男さんが語るほどに、典子さんは兄の直城の面倒をこまめに見ていたようである。

本当に自由人で、自分の気持ちに従って気ままに生き、お金を稼ぐことが上手ではなかった馬渕直城は、母親が生きている時は母に、そして、母亡きあとは妹の典子さんに何かにつけて頼ることが多かった。

馬渕直城には、タイ人の嫁と、娘、息子2人の子供がいたが、彼等はタイのバンコクに住まわせ、自分は日本と行ったり来たりしていた。

典子さんは、どうやら、せっせとバンコクにお金を送っていたらしい。
ところが、タイ在住の嫁のエウさんは、敬虔な仏教の信者で、まとまったお金があるとお寺に寄進してしまうのだった。

久男さんは本当に善良な方で、そんな妻の典子さんを許していた様子である。
中村家に嫁いだ身の典子さんとしても、そんなに大っぴらに兄に援助する訳にもいかなかっただろうから、夫の久男さんには兄のことは余り話さなかったのかもしれない。

久男さんは典子さんの忘れ形見である次男の暁さんを連れて来ていた。
「義兄の直城さんにそっくりだとよく言われるので、連れてきました」と久男さんは云った。

30歳になったという馬渕の甥の暁さんは、びっくりするくらい馬渕に似ていた。
いかにも人が良さそうな笑顔といい、その表情は、初めて出会った頃の若い馬渕に生き映しのようだった。
すでに結婚していて、3人の子供たちがいると云う。

すぐに気が合うのを感じた。
血というのは不思議だなと思った。

久男さんは、馬渕家の古い写真や中村家の写真などを沢山持って来ておられて、ひとつづつ丁寧に説明してくれた。
そこにはボクの知らなかった馬渕がいた。

ボクも思い付くままに、馬渕の話をした。
彼の話をし出せば尽きることはない。
会社設立当時、ボクの家に1年間ほど馬渕が住みついていたことなどを話すと、親子で驚いている。

聞くことも、話すことも尽きず、名残惜しかったが、あっという間に時間は過ぎた。
オルタス主催の忘年会やお花見に親子一家でぜひ来てくれるようにと誘った。

翌日、甥の暁さんから早々とメールが届いた。
その文面には
「自分の中でも、直城おじさんのまったく知らなかった事や、母親にも知り得なかった部分が小田さんと京香さんによって少なからず分かったような気がします。
その場でもお伝えしましたが、おじちゃんや、ばぁちゃん、かあちゃんを交えてお話したかったです。
父親もとても楽しそうに話している姿を見たとき、これからは家族みんなで守ってあげなきゃなと再認識しました。
勝手ながらこれからも中村家と仲良くしていただけるとうれしいです。
お花見や忘年会など参加させていただければ、家族で行きたいと思います☆
また小田さんのおうちにもお伺いしたいです♪」とあった。

馬渕直城はあっけなく逝ってしまいとても寂しいが、こうして、素敵な甥に出会うことができた。
馬渕直城もきっとあの世で喜んで見てくれていると思う。

      「さようなら 輪廻転生 こんにちは」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR