FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  憲法改正についての一言

憲法改正についての一言

集団的自衛権に関して憲法解釈を変更するとの方針が、安倍政権によって示され、その実現に向けて積極的な動きを見せている。

これまで歴代自民党内閣は、専守防衛路線を堅持して来たのだが、ここにきて性急に憲法の解釈の変更までして、集団的自衛権を容認しなければならない理由とは果たして何なのだろうか。

安倍政権は歴代内閣にも増して、大きく右寄りの政治に舵を切っていることは明白ではある。
ことに、管義偉官房長官はかなり露骨な政治手法を使う政治家であるとの噂を聞いていた。
例えば、マスコミ操作のためには、公共放送の人事に平気で手を突っ込むだろうとも聞いていた。
そういう、乱暴で理不尽な政治手法を駆使してまでも、がむしゃらに右傾化を推進するには、それなりの理由があるはずである。

とは云っても、憲法を改正することは、自民党の党是である。
だから、別に安倍首相がその党の綱領に沿っての政治を強力に推し進めることには、本来ならば何の疑問も無い筈である。
しかし、その政治手法を含めて、とても乱暴で、唐突であるとの感が強いのはなぜか。

戦後日本は、徹底的にアメリカに追随して生きて来た。
それは当然の帰結で、それ以外の選択の余地は無かったことは確かである。

アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪をひく、とはずいぶん昔に聞いた言葉だが、その関係は今も変わらない。
しかし、冷戦時代が過ぎ、中国の台頭でアジアの政治地図は大きく変わった。

いま、アメリカの目は、間違いなく中国に向けられている。
この間、日本経済は衰退し、今後も人口の減少と老齢化で、日本社会そのものの衰退は著しくなることは明らかである。
そんな日本の将来像に対する評価をも含めて、アメリカにとって日本の存在価値は大きく後退しているのが現実である。

そんな日本が、危機感を強めてアメリカに擦り寄っているのか、アメリカの強い要望なのか、あるいは、その相乗効果としての日米関係が、現在の安倍政権の右傾化を推し進めているのだろうか。
今回の憲法解釈に関しての、アメリカの圧力の大きさはいかほどなのだろうか。

憲法改正論議が登場する度に、決まって出てくるのが、あれはアメリカから押し付けられた憲法である、だから日本の手による憲法をつくるべきだ、との論である。
それを聞く度に、ボクは不思議な議論だなあ、と思っていた。

誰の考えであれ、それが日本国民にとって都合の良いものであれば、何も注文などつける必要はない筈である。
もともと、現在の議会制度そのものが日本製ではないのである。
そして何より、日本がもっとも頼りとする、親分のアメリカが与えてくれた憲法ならば、それを堅持することについてアメリカからとやかく文句を云われなくても済むではないか。
アメリカからの、戦争に協力しろ、との圧力にも「いいえ、わたしたちには、昔、あなたからいただいた憲法で、戦争は禁止されておりますので、それに協力はできません」と断ることもできるというものだ。

この話を、聖書研究家で、わが社の監査役である道川勇雄さんとしたら、「ところが、そうはいかないのですよ」とのことである。

道川さんによると、日本国憲法を発布する時に、日本は戦争を放棄するが、将来的には国連軍に参加していくとの約束がなされているというのである。
これが事実かどうかのあらためての確認はしていないが、道川さんがおっしゃるのだから間違いはないはずである。

平和憲法を放棄するような愚は絶対に避けなければならないが、それはそれとして、安倍内閣の本当の狙いを正確に知りたいと思う。
アメリカ以外の安倍政権を動かす黒幕はどういう存在なのか。
それが、まさか国民ではないことを祈るばかりである。

   「外圧か 単なる趣味か 発作かも」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
人間絶望の書--------聖書
小田社長から「聖書研究者」というご紹介を頂きましたので一言。

聖書とは実に嫌な書物で、その中心である「イエスの十字架」とは、人間がどんなに経済的機構と社会的組織と政治的形態とを変更しても、人間自身のうちから「我執」(エゴイズム)を指標とする罪悪を取り去らない限りーー個々の人間が「その十字架を採って」イエスに従わない限りーー、理想的社会は絶対に実現出来ないことの実証的な証拠です。

他人のモノと、自分のモノの区別がつかない、というのが聖書の観た人間像です。

平和の実現など出来る訳がないのです。
人間絶望の書です。

一片の日本国憲法などでは、如何ともし難いことになります。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR