FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  ちょっとばかり感心したこと

ちょっとばかり感心したこと

自分の会社が制作している番組やその担当スタッフの自慢をするのは、それこそ馬鹿社長の名に恥じぬ馬鹿ぶりであるが、それでも、いささか感心したことがあるので、馬鹿を承知で少しばかりお話したいと思う。

ボクたちは、テレビ局の色々な番組を制作させてもらっていて、そのどの番組も大切なのだが、その中でもわが社の看板番組として重点的に位置づけている番組がある。

そんな番組のひとつに、テレビ東京の「日経スペシャル・ガイアの夜明け」がある。
毎週火曜日の夜10時から放送の、1時間の経済ドキュメンタリー番組である。

この番組は、2002年4月から放送が始まりすでに13年目になる長寿番組だが、ボクたちは、この番組の立ち上げ時から参加させてもらっている。
現在、テレビ東京の常務取締役の藤延直道さんが、まだ報道部長だったかの時代で、彼から声を掛けて頂き参加した。

以来、これまで45本を制作してきた。
一年に1本しか制作していない年もあれば、6本制作した年もある。

制作本数は年度によって違いはあるのだが、わが社では、これまでずっと、「ガイアの夜明け企画班」なるものを組織してきた。
社外からのブレーンを含め、プロデューサーやディレクターなど数名が必ず毎週一度の企画会議を開き、その会議で練った企画を局に持ち込んできた。

番組が始まって以来、局のプロデューサーも代々変わり、わが社のスタッフも変わった。
しかし、わが社内での「ガイアの夜明け」の企画会議はほとんど途切れることなく、ここ10年間ほどは引き続き、続けられてきた。

こんな努力にも係わらず年間3本だったり、また1本しか制作できなかったりと、ずいぶんなエネルギーを費やしてきたものである。
これまで費やして来たエネルギーは、単純に人件費に換算しても数百万円の単位ではとても収まらない金額になるはずである。
こんな効率の悪い仕事の仕方をしているから、わが社はいつも貧乏をしている。

しかし、「ガイアの夜明け」という番組に対する思い入れが、こんな一見馬鹿げて見える伝統的企画会議を続けさせてきた。

スタッフは変われども、伝統は受け継がれて行く。
そして、結果的には、今では、この企画グループが、頼りになる戦闘的企画集団に成長し、成果を挙げるまでになってきた。

プロデューサー戸田有司、チーフディレクター加藤伸、ディレクター松本章伸、吉村元徳、福田雅之、アシスタント深田聖介、岩井宏樹、それにアドバイザーの甲野泰治さんが現在の企画班のメンバーである。ここにその都度、他のスタッフが入れ換わり参加する。

特に戸田有司と加藤伸は「ガイアの夜明け」の大ベテランで、戸田は主に企画の仕切りと営業を、加藤は番組の内容と、その品質のすべてに責任を負っている。

松本章伸はこの番組に限らず、優秀な企画メイカーである。
吉村元徳は伸び盛りの若手ディレクターで、一作ごとに確実にその腕を伸ばしている。

アシスタントの深田と岩井は共に、今年入社2年目を迎える新人である。
深田は新人ながら別のドキュメンタリー番組に企画を提案し、いち早くディレクターの体験をした。
そして、再びディレクターに挑む意欲を燃やしている。
岩井はつい先日、「ガイアの夜明け」で予定していた企画が取材先の都合で潰れた際に、急きょ、別のネタを提案し、窮地を救うという手柄を立てた。

甲野泰治さんは昨年末に77歳の喜寿を迎えられたわが社の最長老であるが、年齢を感じさせない新しい情報の宝庫のような人物で、彼の存在が、この企画会議を永年続けさせたとも云える。

どんなことも一人の力には限りはあるが、まずは本気になる一人の存在がキーとなる。
これに、2人、3人と力が寄れば次第に最強の形が生まれる。

ボクもここ数週間、この番組の制作態勢の見直しのために、この会議に参加しているが、ここに集まったスタッフの専門性の高さには舌を巻いている。
付け焼刃では間に合わない、経済ネタの情報に溢れている。

実際に、今年は6本の番組の制作がすでに決まり、現在3本の番組が並行して動いている。
テレビ局の担当プロデューサーの指導のもとで、長年の努力の成果がようやく実を結び始めていることを喜んでいる。

わが社の中に、あと二つあるいは三つの、こういった専門性の高い企画集団を作るのがボクの現在の目標である。
そして、他のプロデューサーたちに、「ガイアの夜明け」の企画会議を見習うように勧めているところである。

スタッフたちが、素直にボクの勧めを受け止めてくれるかどうか、大いに期待し、楽しみにしている。

   「回り道 迷い迷って 遠回り」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR