FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  集団的自衛権と野党~その②

集団的自衛権と野党~その②

集団的自衛権についての安倍政権の憲法解釈の変更方針が表明され、今後の日本の安全保障の進路が大きく変わろうとしている。

この、歴史的大転換に際して、野党はその機能を全く失ったままで、何の政治的役割も果たせていないことは異常な事態である。
自民党と連立政権を組む公明党がかろうじてその歯止めの役割を果たせるのかどうか。
いかにも情けない光景である。

振り返ってみると、2009年8月30日に行われた第45回総選挙で自民党が大敗したが、とりわけ、小泉内閣のあとを継いだ、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎と続く各内閣の率いた自民党政治は、これが戦後日本を復興させ、経済大国といわれるまでの国として栄えさせ、日本国民の安定的な生活を支えて来た政権政党であったとは思えぬほどに酷い状態で、国民を失望させたことは、まだまだボクたちの記憶に新しい所である。

しかし、国民が期待をかけて選択した新政権の、鳩山由紀夫、管直人、野田佳彦の民主党内閣の無様な政治が残した結果については敢えて語るまでもない。
やっぱり日本は自民党でなければ駄目だとの印象を国民に確認させる役目を見事に果たしただけだった。

そして、いま、アベノミクスという経済政策を掲げた安倍政権が、その独裁を欲しいままにしている。
この間、日本は見事に右傾化し、自民党政権にとって代わる野党は壊滅状態となっている。

国民ひとりひとりの暮らしの安定よりも、大企業を優先することにより、国家経済の立て直しを図ろうとする現政権の政策は、より一層富める者と貧しい者との両極を生み出し、格差社会を顕在化させている。

良くも悪くも、小泉内閣の出現までは、自民党の保守本流による政治が行われ、一億中流意識時代がしばらく続いた。
中間層と呼ばれる、特別に金持ちでも、貧乏でもない人々が中心の社会であった。
ある意味、これは社会のひとつの理想形である。
日本のもっとも平和な時代であったと云える。

しかし、「自民党をぶっ潰す」と宣言した小泉内閣により、保守本流の伝統的政治の形態は崩壊したのだった。
そして今、安倍内閣によるキナ臭い政治が世論の支持を受けている。

こうして見ると、本来は革新的でなければならない筈であった野党が、少しも、新しい政治や社会を求めて来なかったのではないか、とも思えてくる。
野党には、現在の政治に対する怒りや、社会の矛盾への挑戦の意欲が人一倍なければならないのに、そういう気配が全く感じられないのはどうしてなのか。

万年野党と揶揄された、かつての社会党には、政権を本気で勝ち取る気力や意欲がまるで見られず、結局壊滅していったが、それでも今の各野党よりも、もう少しましな部分があった。
それは、自分たちは野党としての責任があるとの自覚が、少なくとも存在していたからである。

新しいヴィジョンを持てない現在の野党には、政権を狙う意欲はもとより、野党であるとの自覚すら無いのではないか。
国会議員を就職先だと考えているのではないか、とさえ思えてくるのは実に情けない限りだ。

まだ、数にまかせて勝手気ままな専横政治を行っている自民党の方が、より革新的であり、世の中を変革させようとしているのではないかとも思える。

そろそろ、野党は眼を覚まさなければならないし、国民ひとりひとりも、うかうかと、過去の豊かであった時代の名残りから目覚める時が来ていると思うのだが、どうだろうか。

   「ここもダメ あちらもダメと 八つ当たり」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR