FC2ブログ
ホーム   »  ディレクター  »  ADという呼び名を会社から無くすことにした

ADという呼び名を会社から無くすことにした

仕事を能率的に進めていくためには、確かにADの存在は便利な面がある。

ADに雑用や段取りを頼み、ディレクターは演出に専念できる訳である。

しかし、その根底には、徒弟制度の名残のようなものも感じられた。

そこでボクはADという呼び名を会社から無くすことにした。

スタッフ全員をディレクターという位置づけにした。

そうすれば先輩、後輩の差こそあれ、主従関係ではなく全員が横並びのディレクターとなる。

雑用と書いたが、理屈の上では仕事に雑用はないはずだ。本来それもディレクターの仕事のひとつであるし、それにもまして、ディレクターはもとより、AD自身の自覚を促したいとの願いも大きい。

この試みを始めて一年以上経つが、実際上、その効果はあったのかどうかは分からない。


  「へ理屈は 筋の通らぬ ことになり


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR