FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  東京都知事選の意外な結果

東京都知事選の意外な結果

盛り上がりに欠ける中で、都知事選挙は終わった。
その結果を見て、意外に思ったことがあった。

もともと、自民党と公明党が推す舛添要一氏の圧勝に終わるであろうことは、百人が百人、誰もが予想していたことである。
しかし、ボクの予想が大きく外れたのは、社民党と共産党が推薦する宇都宮健児氏の健闘ぶりであった。

大差の敗北は予想していたが、舛添要一氏の対抗馬はてっきり細川護煕氏だと思っていた。
ところが、ほとんどの選挙区で宇都宮氏が細川氏よりも得票数を伸ばしていたのが印象に残った。

このブログにも書いたが、細川氏には付け焼刃のような違和感を抱いてはいたが、自民党の現在の流れを止める役割としては、面白い役者かもしれないと思っていた。
しかし、選挙民はもっと真面目で真剣であったようだ。

政治を流れや感覚で捉えるのではなく、実務として真剣に考えた時は、その選択すべき候補者は異なってくるかもしれない。
その意味では細川氏では、いきなりの思い付き人事のようで軽すぎる。
都会型、劇場型選挙方式はいかに東京都でも、今回は通用しなかったようだ。
自民党や公明党の反対勢力として、宇都宮氏を選択するのはごく健全な考えであるのかもしれない。

ボクは無党派だから特別の支持政党はなく、というより政党などは信じてはいないのだが、共産党や絶滅危惧の社民党が応援する候補者の健闘はこの時期、称賛に値する。

ただ、宇都宮票と細川票を合わせても、舛添票に遠く及ばないというのも、いかにも残念な結果ではあった。

もう一点は、元自衛隊幕僚長の田母神氏が、それなりの票を集めていたことへの驚きである。
田母神氏が舛添、細川、宇都宮各氏と並んでテレビ番組に出演し、泡沫候補の扱いではないのを不思議に思っていたのだった。
その得票数からも、現在の日本の状況を良く照らし出していると感じる。

今回の知事選挙を通して自民党の流れを止めようとの望みは、やや、短兵急に過ぎたきらいはある。
賢明な都民の多くは国政レベルとは別の価値判断で新知事を選択したと思いたい。

しかし、これを機に、さらに自民党の横暴ぶりは更に激しくなるに違いない。
原発は都民に容認された、などとの論調が幅を利かし始めるやもしれぬ。
どう対処するべきなのか、知恵を集めなければならない。

   「民衆は 冷静沈着 多数決」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR