FC2ブログ
ホーム   »  プロデューサー  »  品質管理の面でプロデューサーの意向が演出に反映されることも

品質管理の面でプロデューサーの意向が演出に反映されることも

プロデューサーとディレクターは役割が違うのだが、その作業に重なる部分も出てくる。

プロデューサーの本来の仕事は、企画の骨格決定と営業と予算管理である。

一方、ディレクターの本分は演出である。

しかし、品質管理の面でプロデューサーの意向が演出に反映されるケースもままある。

少しでもより優れた番組を作るために必要なことの場合が多いのだが、中には困ったことも起きる。

プロデュースと演出の役割の境界線があいまいなことがその根本的な原因となることが多い。

       「低予算 適材適所も ままならず」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR