FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  人気獣医師さんの結婚披露宴

人気獣医師さんの結婚披露宴

昨日、獣医師である佐藤貴紀さんの結婚披露宴があり、乾杯の音頭をとらせていただいた。

佐藤貴紀さんは、若手の売れっ子の獣医師である。
病院を経営する傍ら、講演や原稿の依頼などが後を絶たず、大変多忙な毎日を送っておられる。

何年か前に初めて佐藤先生の名前を知った当初は、イケメン獣医師として人気を博していると聞いていたが、時が経つにつれて、どうして、どうして、人気の秘密は、実はそんな所にあったのではなくて、イケメンと同時に、その人柄や生き方にあることが分かって来た。
昨日の披露宴でも、そんな佐藤先生の人柄を印象づける出来ごとがあった。

実は、ボクたちの会社にペット番組にこだわり続ける女性スタッフがいて、ボクも彼女の情熱に負けて、この何年か、ペット番組の実現のためにかなりの時間と労力を費やして来た。

犬や猫を中心としてペットを飼っている人々は確かに多いのだが、しかし、産業としてのペット業界にイザ接してみると、なかなかペットのためにスポンサーになってテレビ番組を提供しようという企業が見つからなくてずっと苦戦を続けている。

それでも、BSチャンネルで一時間特番を制作したり、日本経済新聞社のインターネット放送・日経チャンネルで「ペットなんでも相談室」という15分番組を週一のレギュラーで放送するなどしてきた。

そのいずれの番組にも佐藤先生にキャスターとしてご登場いただいている。

佐藤先生の話は分かり易く、適確である。
何よりも、本当に動物たちのことが好きで、動物たちの命を大切にする気持ちが強い。
そんな情熱に裏打ちされているので、すべての話がそのままストレートに耳に入って来る。
決して器用な訳ではなく、とにかく、気持ちで生きている人物だ。

一方、新婦もなかなかの人である。
素朴で人柄の良さが即座に見てとれる、そんな魅力的な方で、お世辞ではなく、実にお似合いの夫婦である。

昨日の、結婚披露宴は佐藤貴紀先生の優しい人柄が伝わる良い披露宴だった。

最近では、新郎が最後に挨拶することが多くなったが、佐藤先生のその挨拶が良かった。

新婦や新婦の両親、それに自分の兄弟や両親に対する感謝の気持ち、今後の決意などを言葉にしようとするのだが、思いの方が強すぎて言葉がそれに追いつかない。
溢れる感情が言葉を迷わせ、詰まらせてしまう。
そして、言葉を失わせる。
演技ではないだけに、これが周囲の感動を呼ぶ。

佐藤先生の優しい人間性や、熱い思いが言葉を越えて、全ての人たちに伝わった。
ペットとは言え、動物の命を預かるだけに、その人間性への信頼が求められる職業だ。
「良い披露宴でしたね」と周りの人たちの口からついて出た。

なぜかボクも嬉しかった。

   「親孝行 家族の絆 目撃す」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
おめでとうございます
釈由美子を捨てたら幸せになれるのですか?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR