FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  腹の立つこと

腹の立つこと

日常生活で、ボクが怒ることは皆無である。
仕事の上でも、私生活でも怒ることは無い。
心配事は数々あるけれど、怒らないでもよい生活が出来ていることは、まあ幸せなことである。

しかし、である。
ここに来ての、特定秘密保護法案をはじめとする自民党のやり方には怒りを禁じえないのだ。

30年近く前に廃案にはなったが、スパイ防止法案を巡っては、ボク自身もさまざまな体験をした。
日本テレビ時代に、スパイ防止法案についての番組を作り、それが時の自民党政府の怒りを買い、ボクがテレビ局を辞める遠因となった因縁ある法案であった。

それが今回甦り、衆議院を通過した。
これはアメリカを念頭に置いて強行採決されたものであることは明らかである。

そして、国家安全保障会議、いわゆる日本版NSCを創設するための関連法案が27日に参議院で可決し成立した。
日本版NSCは、アメリカのNSCを模した名称である。

日本版NSCは、日本の外交・安全保障政策の新たな司令塔となるもので、政府は年明けにも内閣官房に60人規模の国家安全保障局を発足させるが、将来的には100人超の体制を目指しているという。

特定秘密保護法案は、この日本版NSCが外国の情報機関と情報の交換をしやすくするのが狙いだというが、新聞・テレビなどの報道機関が情報を得ることを著しく規制するものであり、明らかに国民の知る権利が損なわれることとなる。
こういった法律は、普段は何でもないようにみえても、イザという時に言論の自由を奪うことは必至である。

一方で、沖縄の米軍普天間基地の辺野古への県内移転の動きを強行しようとしている。

この一連の政府自民党の動きを見ていると、アメリカとの連動を益々強く感じさせると共に、圧倒的な議員数にモノを云わせる政治手法を露骨に見せ始めている。

しかしながら、自民党がこういった考え方や動きをすることは、当然のことである。
そのことは、民主党が初めて政権をとる以前にボクたち国民が良く知っていたことである。

民主党がいかにも未熟で、国民の期待の受け皿としての役目を果たせなかったことは残念だが、それにしても、今の政府の進み方に疑問を投げかけることの出来ない世論やマスコミの在り様はいかにも情けない。

自らも大いに含めてではあるが、政府自民党というよりも、こんな基本的な動きに歯止めをかけることの出来ない自分たちに強い怒りを感じるのである。

        「怒っても 上がるだけだよ 血圧計」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR