FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  防空識別圏

防空識別圏

防空識別圏なる耳新しい言葉が世間を賑わしている。

中国国防省は11月23日に東シナ海の空域に防空識別圏を設定すると発表した。

防空識別圏とは、自国に侵入する不審な航空機による領空侵犯を防ぐために設定された空域のことで、スクランブル対応をするかどうかを検討する基準としているものであるらしい。

中国が今回設定した空域は沖縄諸島の西側や尖閣諸島の上空を含む広い範囲に及び、すでに日本が設定した防空識別圏と重なることから、今後、尖閣諸島上空を巡る日中の緊張が高まると見られているようだ。

しかし、このこと自体は本来は大きな問題ではない。

もともと、防空識別圏とは領空は含むが、ほとんどの範囲が公海上空であり、そこは航行自由な領域である。
というのも、不審機が領空を侵犯してから対応するのでは防衛上間に合わないため、スクランブルを掛けるかどうかの識別等に必要な広い範囲にあらかじめ設定したものが防空識別圏だからである。

その意味では、普通ならば、その範囲が日中で重なっても問題は無いはずなのだが、今回は中国が、防空識別圏を飛行する航空機は中国側の指示に従わなければならず、従わなければ武力で防衛的緊急措置がとられる、としていることが問題となっているようだ。

明らかに、これは中国側のやり過ぎである。

しかし、ボクは国家間の争いに関しては出来る限り問題を小さくしていくべきだと考えている。
安易なナショナリズムの高揚は不毛なだけではなく、危険な芽を孕む。

13億人を統治する聡明であるはずの中国首脳部の真意がどこにあるのかなど、この件に関しての特別な情報を持たないが、日本政府には冷静で賢明な対応を望みたい。

このニュースを聞いて「いよいよ、日本の国籍に変えるわ」と妻は云った。
彼女は朝鮮民族だが中国国籍である。
下手をすると日中間で局地的な戦闘が起きないとも限らないのではないかと心配してもいる。
戦争にでもなって、中国に追い返されたらどうしよう、などと半ば本気で心配している。

ボクたち一般市民レベルのこういった過剰とも思える反応のひとつひとつが、恐い。

      「政策か それとも軍部 独走か」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR