FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  放送作家・羽柴秀彦さんのこと

放送作家・羽柴秀彦さんのこと

放送作家の羽柴秀彦さんは昭和7年9月の生まれだから、今年で81歳になられた。

つい先日、「これは身体に良いらしいですよ」といかにも高価そうな焼酎を持ってフラリ会社に来られた。

羽柴さんはちょっと玄人っぽい感じのお洒落をする方で、服装ひとつでも、ボクもこういうお洒落をしたいなあ、と思うが年季の入りようが違うので中々真似ができない、すっかり、お洒落をモノにしている方である。

ボクが日本テレビ在籍中、「11PM」という番組を担当している時に大変お世話になった。

生き字引のことをウオーキング・ディクショナリーと云うが、まったく言葉通りの物知りな方で、これまで、ボクが何かを聞いて分からない、ということはなかった。

「いや、詳しいことは分かりませんがね………」という前置きがつくのだが、いやはや、実に詳しくご存知なのだ。

世の中の成り立ちや仕組みをその原理原則から現実の形までを良く理解され、ご存知なので、ボクのメチャクチャなアナーキーぶりには少々手を焼かれたが、面白がってもいただけた。
ボクはボクで羽柴さんの存在のお陰で、多少の乱暴が出来た。

ディレクターと放送作家の緊張感のあるひとつの形でもあったと思う。

久し振りに蕎麦をご一緒したが、「余りの街の様子の変わりようの速さに訳が分からなくなりますなあ」と苦笑いを残し、飄々と赤坂の街に消えて行かれた。

後ろ姿での歩きっぷりもなかなかのお洒落で赤坂の街に似合っている。


     「月毎に 生まれ変わるや 街の顔」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR