FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  オリンピックのこと

オリンピックのこと

2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まった。
連日、ワイドショー等で決定の瞬間が繰り返し放送されている。

ボクは個人的には、それほど関心は無かったのだが、これは余程大きなニュースのようである。

東京都知事ばかりではなくて、超多忙な総理大臣までプレゼンに出掛ける位だから、国家を挙げての獲得合戦だったようだ。

これまでのロビー活動のエピソードを聞いても、オリンピック誘致のために費やした努力は並大抵のもので無かったことが推し量られる。
時間とお金も相当掛けたのだろう。

しかし、それでも、この誘致が日本の経済ばかりではなくて、国民の気持ちを明るくする効果があるならば素晴らしいことである。
安部政権ではアベノミクスの4本目の矢にしようとの動きもある。

ボクも良かったなあ、とは思っている。

それはそれで良いのだか、しかし、ついこの前、30年以内に東京にマグネチュード7規模の直下型大地震が70%の確率で来ると盛んに日本国政府から脅されていたことを思い出す。

死者一万人以上、倒壊家屋80数万戸、数百万人の帰宅困難者や避難民が出ると試算されている。

あれからすでに6年は経ったから、後23~4年のうちに東京が大地震に見舞われる確率は、年々益々高くなっている筈だ。

東京オリンピックオは7年後である。
そういうのって、本当に大丈夫なのかなあ、と思ってしまうのだ。

東京直下型大地震が来るという予想がいい加減なのか、それとも東京オリンピック誘致が無責任なのか、それとも、天変地異などはどうなるか分からないから、やれることはやっておこう、事が起きたらその時に考えよう、と云うことなのか?
いくら耐震設備を完備したところで間に合う話でもなかろうに。

ボクが国家や大きな組織を信じられないのは、原発と同様に、いつも、こういう見え透いた無責任なところにある。

   「汚染水 問題ないよと 総理言い」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR