FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  先生無事に生還す

先生無事に生還す

一昨日、早坂暁先生がフラリ会社に立ち寄られた。

先々週、腹部動脈瘤の手術を無事に終えられ、順天堂病院での術後の検査を受けられての帰り道に寄られたのだった。
サッパリとした感じで元気なご様子に安心した。

お出しした日本茶を、一口飲まれて、ああ、美味しい、と一言。
「あと10年は大丈夫だと医者から太鼓判を押されましたよ」と上機嫌でおっしゃる。

「医学の進歩はめざましい。特に、血管系の技術は相当なレベルにきましたね。ガン治療もあと一歩というところまできたので、ガンもそろそろ心配な病気ではなくなりそうだな」

これまでに数えきれないほどの病気と闘い克服されてきた早坂先生だが、その治療費だけでも一億円は費やされたとも聞いた。

「最後に残るのは脳ですね。こればかりは簡単にはいきません」
間違っても早坂先生は脳だけは大丈夫だ。
医者に代わってこれはボクが太鼓判を押す。

「10年あれば、またもうひとつ位は仕事をやれるな」
先生、早くも次の仕事のことを考えておられる。
84歳とは思えぬエネルギーだ。
それにしても何ともタフな精神の持ち主である。

「先生、これから一番恐いのは風邪ですね。あと先生の罹る病気は残っていませんからね」とボクが云うと、珍しく「うん」と頷かれた。

「それじゃ、また」と立ち上がって、元気よく歩かれる足取りは実にしっかりとしていた。

「先生とは寿命くらべですね。あと10年の自信はとてもボクにはありませんよ」
とボクは云ったが、それは本音である。

先生、笑っている。

       「先生は 今日も宿題 置いて去り」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR