ホーム   »  ドキュメンタリー  »  プロダクション所属とフリーの演出家には大きな違いがある

プロダクション所属とフリーの演出家には大きな違いがある

もしかすると、他の世界でも同様かもしれないが、ボクたちの業界にはプロダクションに属さないフリーの演出家たちが存在する。

これは、それぞれの身の立て方の考えの違いによるもので、フリーの演出家もプロダクションに所属している演出家も同じ仕事をしているのだが、ボクはこの両者には大きな違いがあると思っている。

それは企画への対応に関してのことである。

通常、テレビでは演出家をディレクターと呼ぶので、以降はディレクターで通すことにする。

根本的にフリーのディレクターは、一本一本単発番組の演出を請け負って仕事をすることが多い。

つまり各番組の単発契約の形をとる。

フリーの人たちは月々の固定給が無いので、生活を維持していくためには一刻も遊んでいるヒマはない。

次から次へと仕事を探し、局やプロダクションで準備された企画をこなしていくことになる。

自分のやりたい企画を提案している余裕はない。なにしろ企画は「千三つ」の世界だから、そんな悠長なことはやっていられないのだ。

つまり、フリーのディレクターの多くは企画を考えることをしない料理職人ということになる。

もちろん例外は無い訳ではないが、企画にこだわるフリーのディレクターは稼ぎの面では当然悪くなっていくのが現状だ。
 

 「フリーとは 気楽な?稼業の 代名詞」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR