FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  放射能の実際的な影響

放射能の実際的な影響

ここ数日間、福島第一原発のニュースが話題に上らないなあ、と思っていたら、早速、今日のニュースで300トンの高濃度の汚染水漏れがあることを報じていた。

現在、汚染水は350万トンあり、1060基のタンクに保管されているというが、他にも漏れているタンクがあるのかもしれない、などと疑いたくもなる。

事故以来、二年以上も汚染水漏れ状態が続いている訳だが、その影響がどの程度のものなのか素人のボクには全く分からない。

もともと魚が好きだから、近海で獲れた魚を平気で食べているが、本当に安全なのかどうかさえ知らないでいる。

もっとも、ボクなどは結構な年寄りだから、個人的には、今さら放射能の影響について心配することもないのだが、周囲の若い人たちのことは心配になる。

未だに立ち入ることが出来ない高濃度放射能汚染地域の映像がニュースなどでしばしば流される。
それらを見る限り、植物は青々と生い茂り、イノシシなどの野生動物がいかにも元気に走り回っている。
表面上は全く、放射能の影響などないかのように見える。

学者たちは、おそらく、それらの分野での影響を研究していることと思うが、人間だけが大騒ぎをしているようにも見えて、不思議な感じがする。

放射能の影響は、一年や二年では結果の出ない恐ろしさを秘めているから、なおさら重大事なのだろうが、その影響の本当のところを知りたい。

むやみに、不必要な恐怖心を煽ることはまずいが、実際にどの程度の放射能被害があり、環境への影響があるのかを検証する分かりやすい科学的な番組の企画を実現しなければならないのではないかと考えている。

    「情けなや 知らぬが仏の 成仏は」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR