FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  忘れられない風景~暴走族・東北連合③~

忘れられない風景~暴走族・東北連合③~

暴走族のイメージと云えば、刺繍を施した特攻服を身にまとい、パンチパーマやひさしのような髪形をした姿を連想する。
しかし、そういった「ツッパリ」と呼ばれる若者たちの登場は、ボクが取材した時期よりももう少し後の時代になる。

ボクが取材した1975年当時は、東北連合のメンバーの服装もそれぞれマチマチで、中にはひと目でいかにも不良っぽい者もいたが、全体的には普通の若者たちがほとんどだった。

そんな不良っぽい連中も、一対一で話を聞いてみれば、一様に地方の若者らしい純朴な素顔をのぞかせた。

それはリーダーKの人柄によるものであったかもしれない。
妻も子供もいる25歳の大人がなぜ暴走族を続けているのかとのボクの問いに「若い連中を放り投げる訳にもいかなくてさ。そろそろ抜けたいんだけどね」とKは答えた。

彼等は土曜日の夜が来るのをひたすら待っていた。

週に一度、土曜日の夜に、彼等は青春のすべてを賭けて、暴走に全エネルギーを費やすのだ。

      「善悪を 超えて若者 走り切る」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。



関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR