FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  早坂暁さんからの宿題⑤

早坂暁さんからの宿題⑤

国家機密を暴露した青年は、写真や経歴を見る限り、どこにでもいるような普通の若者に見える。

故郷を捨て、故郷に住む家族を捨て、会社を途中退社し、愛国心と云えるほどの何かを持っているかどうかも定かではないボクが、国家機密を暴露したエドワード・スノーデンについて果たしてどこまで語る資格があるかは怪しい。

故郷や家族を捨てた者は故郷や家族に捨てられ、会社を捨てた者は会社に捨てられる。
ましてや、国家を捨て、国家を裏切った者が国家から捨てられ、厳しく断罪されることは必定である。

現在、司法の手が届かないモスクワ空港の乗り換え区画に滞在し既に10日余を経過したスノーデンは、各国に亡命を求めているが、11カ国がこれを拒否、まだ受け入れ先は定まっていない。

アメリカの電子スパイ組織NSA(国家安全保障局)という、いわば闇の組織の外注先技術者であったスノーデンが、簡単に予想できる危険を冒してまで、なぜ告発に踏み切ったのだろうか。

彼の行動に至るまでの経緯を徹底的に解明したいとの欲求はある。

それは、もしかしたらと、彼の中に、ボク自身の姿がダブって見えるような気がするからである。

   「ITは 愛国の壁 ぶち壊し」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。





関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR