FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  経済産業省の立入検査

経済産業省の立入検査

先日、経産省の関東経済産業局中小企業課の立入検査があった。

下請法という法律があり、ボクたちの会社が、仕事を頼んでいる業者に対して法律違反を犯していないかどうか調査することが、その目的である。

実は一年半ほど前に、同じ経産省の中小企業庁事業環境部取引課の下請代金検査官三名が3日間かけ、伝票類を隅から隅まで調べ上げる立入調査が入り、指導を受けたばかりだったので、その旨を伝えたところ、今度はその下部組織で、中小企業庁の行った指導をしっかりと実践しているかの調査だという。

この種のお役所の仕事は、とにかく提出書類が多くて、日常の業務に支障を来すほどの作業になるが、白羽の矢が立った以上は対応するしかなかった。

検査官によれば、中小企業庁には総勢12名ほどの検査官がいて、このひとたちは常時3名一組で作業する。
ひとつの会社の調査に立入検査の3日間を含め、10日から2週間をかけるので、月に2社、4班で動いても、全員で8社しか調査できない。
全国に中小企業が何十万社、何百万社あるか知らないが、それをこの少人数で行っている。
年間でも100社足らずの会社しか調査対象にならない勘定だ。

宝くじよりも低い確率の調査対象になぜボクたちの会社が選ばれたのか。
その理由は、未だに謎だが、思い当たることがある。

それは経産省からのアンケートに何回が応えたためではないかということだ。

大きな声では言えないが、関係省庁からのアンケートの対応には慎重を要するのかもしれない。


   「ご用心 お役所からの アンケート」



にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR