FC2ブログ
ホーム   »  ドキュメンタリー  »  忘れられない風景 ~カオイダン難民収容所の母と子①~

忘れられない風景 ~カオイダン難民収容所の母と子①~

タイの首都バンコクの遥か東方、カンボジアとの国境にカオイダン難民収容所があった。

1980年の4月から5月にかけ、ボクたちは一ヶ月間、その収容所に逃れて来たカンボジア難民たちの取材をしたことがある。

1975年4月にカンボジアの首都プノンペンを制圧したポルポトは政権を樹立し、中国毛沢東の農本主義による原始共産制を実現しようとしたが、破綻を来す。
1979年1月にベトナムの支援を受けたヘン・サムリンがプノンペンに侵攻、ポルポト軍はタイ国境に退き、以後ゲリラ戦を行うようになる。こうしてカンボジアは内戦状態となり、多くのカンボジア人が難民としてタイに流入し始めた。

カオイダン難民収容所は、そのカンボジアからの難民を受け入れるために開設された最初の収容所だった。

1979年11月に開設され、タイの内務省とUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によって運営されたが、開設から翌年1980年1月までの3カ月間に毎日平均1600人の難民が収容されたという。

ボクたちは、ここである母とその息子に出会ったのだった。


   「生と死と 日々目のあたり 収容所」

にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR