FC2ブログ
ホーム   »  テレビ  »  企画という代物がなかなかの難物なのだ

企画という代物がなかなかの難物なのだ

もっとも、金型を作れば、後は大量生産できる製造業とは異なり、ひとつの企画は一つの番組ですべてのエネルギーを費やしてしまう、非効率的な面を宿命的に持っている。

この宿命を脱し、経済的プラスに転換しようとのさまざまな試みも、実際にはまだ成功しているとは言えない。

その上、この企画という代物がなかなかの難物なのだ。

  「男でも 生みの痛さを 知る企画」


にほんブログ村 テレビブログ ドキュメンタリー番組へ にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ 人気ブログランキングへ
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

馬鹿社長

Author:馬鹿社長
【小田昭太郎】
株式会社オルタスジャパン代表取締役

★ホームページ★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR